西一小の「今」をお伝えします!

出来事・お知らせ

6年生を送る会

 今日は6年生を送る会でした。5年生の集会委員が中心となり、計画を立て、本番の運営を行いました。

 第1部は引継ぎの集いです。6年生から5年生へ、鼓笛の移杖、児童会、清掃班の引継ぎを行いました。5年生は6年生から伝統を引き継ぎ、とても緊張した顔つきでした。

 

 

 6年生に感謝の気持ちを込めて、今日まで各学年で手話やダンス、詩の朗読、鼓笛などを練習してきました。第2部は感謝の気持ちを伝える集いです。コロナ禍ということもあり、全校生が集まっての「6年生を送る会」は残念ながらできませんでしたが、あらかじめ録画しておいた動画をテレビに映し出して感謝の気持ちを伝えました。

 

 6年生からお礼の言葉やハンドベルによる演奏、記念品をいただきました。

 卒業まで残りわずか、たくさんの思い出を作っていってください。

 

 放課後、6年生からサプライズが・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

「6年生ありがとう」の飾り

 6年生の教室・廊下には、6年生の卒業を祝う飾り付けが行われました。6年生の似顔絵やメッセージ、輪飾りなど、各学年の子どもたちから感謝の気持ちを込めて飾られました。この1年間、6年生が学校全体のために動いてくれた分、飾り付けにも力が入っています。

 朝、飾り付けを見た6年生たちも、とっても嬉しそうでした。

 今日は6年生を送る会です。

 

 

感謝の気持ちを込めて~最後の授業参観

 6年生が、小学校最後の授業参観を行いました。たくさんの保護者の方々にお越しいただき、「感謝の会」を実施しました。日頃なかなか伝えることができないありがとうの気持ちを成長した姿で伝えようと、一生懸命取り組んできました。「運動」「合奏」「劇」「お笑い」「ダンス」のグループに分かれて今まで練習してきた成果を発表しました。また、家庭科の学習で作った「お弁当包み」をおうちの方々にプレゼントしました。おうちの方々にあたたかく支えていただき、できるようになったことがたくさん増えました。今年度の授業参観は、最初で最後となりましたが、子どもたちは今まで頑張ってきたことをおうちの方々に見ていただくことができて、とてもうれしそうでした。保護者の皆様、お忙しい中学年懇談会や中学校の保護者説明会まで、ご参会いただきましてありがとうございました。

 

 

三世代交流館・歴史民俗資料館へ行ってきました! 3年生

3年生は、三世代交流館・歴史民俗資料館へ行ってきました。

どちらの施設にも、昔の生活用具や農機具が置かれていました。

今日は、とても寒かったということもあり、三世代交流館では、

囲炉裏に炭がくべられていて、囲炉裏の周りに座って、暖を取りながら話を聞くこともできました。

子どもたちは、様々な道具が、先人たちの知恵や努力によって現在の形になってきたことを学習することができました。

 

登下校の見守りありがとうございます。

 22日の事件を受け、本校では、本日から児童の登下校のパトロールをさらに強化してまいります。

 本日の朝は、警察など関係機関の皆様の協力も得て、登校の見守りを行いました。そこで改めて感じたのが交通指導員や登下校ボランティアの方々、そして保護者の方々に支えていただいているということでした。本校では集団登校を行っておりませんが、児童の安全確保のために普段からボランティアの方々に子どもたちが登下校する様子を見守っていただいております。今日も多くの方にご協力をいただきました。また、保護者の方にも付き添っていただいたり、道路に立っていただいたりして、登校時の児童の安全を確保することができました。本当にありがとうございました。

 コロナ禍、地震、今回の事件と、子どもたちにとっても大きな不安要素が重なりましたが、今後もこの不安を少しでも取り除けるよう、できる限り対応してまいります。引き続きご協力をお願いいたします。

 

 

雪 雪が降り積もりました

 今年一番の量の雪が朝から降り積もりました。雪合戦をしても下の地面が見えません!

 下校時のけが等に十分気を付けるよう指導していきますが、明日も歩道の状況が悪いことが予想されますので、ご家庭でもぜひ声をかけていただければと思います。

5年生ムシテックワールドで学んできました!

 2月16日(火)に、5年生は研修バスに乗って「ムシテックワールド」に行ってきました。

 「プラコプターづくり」では、ゴムの力を利用して宙を舞うプラコプターを工作しました。作り終えると、広いエントランスで、飛ばして楽しく遊びました。

 「放射線を調べよう」では、実際に放射線をはかる機械を貸していただき、放射線量を減らすにはどうしたらよいか、また、さえぎる物による違いについて調べたりしました。

 「顕微鏡を使おう」では、すでに理科の授業でも学習していましたが、もう一度教えていただき、プレパラートを作って顕微鏡でのぞき、気づいたことをまとめました。

 たくさんのことを学び、有意義な時間を過ごしました。

 

注意 昨日の地震災害及び明日の休校について

 昨日の地震に際しましては、被害に遭われました皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

 校舎等の大きな被害はありませんでしたが、ガス等施設の再点検をしますので、明日2月15日(月)は市内全小中学校が休校になります。被害やけが等がございましたら、明日学校にご連絡ください。なお、余震等が想定されますので、安全第一にお過ごしください。

プランターに思いを込めて

 6年生が森林学習でプランターづくりを行いました。毎年、鈴木造園の鈴木さんにご指導や材料の準備をしていただいて、木材を使った体験活動をすることができています。今年の6年生も、釘を打ってプランターの箱形をつくったり、水抜きの穴を開けたり、ていねいに教えていただきながら、完成させることができました。このプランターは、下級生たちに卒業記念にプレゼントします。6年生がいなくなっても、プランターにたくさんのきれいな花を飾って、明るい学校にしてほしいと願いを込めてつくりました。下級生たちに喜んでもらえればうれしいです。

 お忙しい中、ご指導いただきました鈴木さん、ありがとうございました。

1年生 なわとび記録会頑張りました!!

 1年生にとって、初めてのなわとび記録会を行いました。須賀川アリーナを会場に、広々とした体育館を目にした子どもたちは、驚きながらも意欲的に活気ある姿で取り組みました。練習を始めた頃は、一回旋二跳躍で跳んでいた子どもたちでしたが、練習を積み重ねたことで、記録会では一跳躍で跳べるようになってきました。今日の1分間持久跳びや前跳び・後ろ跳びでは、一人一人が一生懸命最後まで頑張りました。また、10回跳びリレーでは、各クラスのチームごとに一丸となって取り組むことができました。

3年生 なわとび記録会

 3年生のなわとび記録会が須賀川アリーナで行われました。

大変寒い朝でしたが、準備を整え、アリーナまで歩いて行きました。

広い広い、アリーナ!! 100人以上の子どもたちが、縄がぶつかる心配もなく、

ゆったりと跳ぶことができました。

 3年生は、3分間持久跳び、かけ足跳び、あや跳びにチャレンジしました。

新記録が出て喜ぶ子、思うような結果が出ず、泣き出す子などいろいろな姿が見られました。

 3年生は、休み時間だけでなく、放課後なども練習に取り組み、

自分の記録を伸ばそうとがんばってきました。その目標に向かってがんばり続ける姿に

担任一同胸を熱くしました。

 保護者の皆様、子どもたちのがんばりを見守ってくださり、ありがとうございました。

5年 ムシテック出前授業

 ムシテックの方においでいただき、理科の出前授業を行いました。モーターを分解すると、理科でちょうど学習してきた電磁石が出てきて、子どもたちも興味津々。モーターが回転する仕組みを理解することができました。

 授業後半は、身の回りにある物にモーターが使われているかどうかを話し合いました。扇風機、洗濯機、エレベーターやロボットアーム。さらにはプールやスマートフォン。グループでの話合いも盛り上がりました。結果は、なんとすべてにモーターが使われているとのこと。スマートフォンではバイブレーションの動きがモーターでつくられているそうです。授業を通して、電磁石が私たちの生活を便利にしてくれていることを実感することができました。

 

4年生 なわとび記録会をしました。 

 2月4日に4年生がなわとび記録会を行いました。今年は密を避けるために、須賀川

アリーナを会場にして実施しました。

 3分間の持久跳びでは、多くの子どもたちが集中して跳ぶ姿が見られました。また、

あや跳び、交差跳び、二重跳びでは、自分の目標に向かってがんばって跳んでいました。

中には、今までで一番よい記録が出たと、大喜びしている子どもさんもいました。授業

や休み時間、冬休み中に練習を積み重ねてきた成果を発揮できたと思います。

 お忙しい中、応援に来て下さった保護者の皆様ありがとうございました。

2年生 なわとび記録会、頑張りました!

 昨日までの2回の練習を経て、いよいよなわとび記録会の本番を行いました。雪も降り積もるほどの寒い気温となりましたが、これまでの学校・家庭での努力を基に一生懸命頑張りました。今日、初めて2分間跳べたという友達もいて、1年生の頃からの成長を感じることができました。

 お忙しい中、ご参観いただきました保護者の皆様、ありがとうございました。

 

 

今年の豆まきは静かに・・・

 本日の豆まき集会は放送にて行いました。

 退治したい鬼の発表では、各学年の代表児童が「面倒くさい鬼」「好き嫌い鬼」「いじけんぼう鬼」「おしゃべり鬼」「寝坊鬼」など、それぞれに追い出したい鬼と今後の決意を力強く発表できました。

 その後は各クラスで豆まきです。しかし、「鬼は外、福は内」のかけ声も、今年はマスクをしたまま。あまり大きな声も出せません。落花生をもらって嬉しそうではありますが、いつものように元気にかけ声をかけたり、競うように豆を拾ったりすることはできませんでした。「これじゃあ、鬼を退治でないよ~」子どもの心の声が聞こえてきそうです。子どもたちが思い切り活動できる、そんな日々が早く戻ってきてほしいと改めて思いました。

 きっと子どもたちも物足りなさを感じながら豆を持ち帰ります。ぜひ、お家で豆まきの続きを行っていただけたらと思います。

 

がんばりました!小学校最後のなわとび記録会

 6年生が小学校最後のなわとび記録会を須賀川アリーナで実施しました。寒い中、たくさんの保護者の方々に見守られながら、子どもたちは一生懸命取り組んでいました。今年度は、団体種目の長縄とびをすることができずとても残念でしたが、個人種目で自己ベストを出すために必死に跳んでいました。5分間の持久跳びでは、半数以上の子どもたちが合格することができました。また、二重跳びなどの種目でも、今までで一番よい記録が出たと、喜ぶ姿がありました。これで、小学校の体育的行事は終わりになりますが、体力をつけて中学校に進むことができるように、今後も頑張らせていきたいと思います。お忙しい中、声援にかけつけていただきました保護者の皆様、ありがとうございました。

 

 

5年生 なわとび記録会 ベストを尽くしました!

 6年生に続いて、5校時目に、5年生もなわとび記録会を行いました。一人一人が今までの練習の成果を出し切ろうと一生懸命にベストを尽くし、頑張りました。

 雪の中、たくさんのお家の方々が応援に来てくださいました。応援ありがとうございました。

やる気の輪よ 広がれ!

 2年生の女の子が登校してすぐに、1人で6年生の教室にやってきました。「どうしたの?」と尋ねると「はやぶさとびを教えてくれませんか?」と答えてくれました。今、どの学年もなわとび記録会へ向けて、一生懸命練習を行っています。記録会の種目ではないのですが、もっと難しい技に挑戦して、いろいろな技をできるようになりたいという思いから、勇気を持って教室を訪ねてきてくれました。そのやる気にとてもうれしく思いました。6年生にこの話をすると、快く引き受けてくれて、2年生のやる気に答えてあげようと一生懸命教えてくれました。このやる気の輪は、1人からさらに広がり、急遽始まった練習会の人数が増えていきました。6年生が、下級生たちに教え、またその子どもたちが友だちや下級生たちに教えていく...こういう素敵な姿がもっと、もっと広がっていくといいなあと思いました。

 

なわとびの練習

 朝、冷え込む日が多いですが、校庭や体育館では、なわとびの練習に励む5年生の姿があります。もうすぐなわとび記録会です。感染拡大の影響を受け、残念ながら長縄の練習はできなくなってしまいましたが、それぞれの目標達成に向かって努力を続ける姿は素晴らしいです。友だちとの距離をとりながらの練習となりますが、競い合ったり、できるようになったことを自分のことのように喜んだりするかかわりがみられました。

 

通学路における現場点検

今日,須賀川警察署交通課により「通学路における現場点検」が行われました。

対象は「西田町54番地から西田町50番地までの道路」です。ここは午前7時30分から午前8時30分までの間,車両通行禁止規制となっています。詳細は添付されたPDFファイルをご覧下さい。

規制区間.pdf

地域の方々から「車両通行禁止規制になっていても車両の往来があり,通学する児童の危険性があるので対策をしてほしい」との要望があり,今日の道路環境改善のための現場点検となりました。

具体的な道路状況・規制の改善までは時間を要するため,取り急ぎ,令和3年度は今回参加した団体(須賀川警察署・市交通対策協議会・市道路河川課・市教育委員会・地区交通安全協会・西袋第一小学校)により重点的な周知・パトロールが行われることとなりました。

ご心配くださった地域の方々に大変感謝いたします。

今後も子どもたちの安全のために,関係機関と協力し,地域の方々の願いに応えていきます。

  

 

 

 

 

学校のために、下級生のために

 6年生が、校内のボランティア活動を始めて1週間になりました。とても寒い朝でも、一生懸命にろうかや階段などを掃除しています。そして、たくさんの下級生たちとあいさつを交わしています。小学校生活も残り2ヶ月。学校のために、下級生のためにできることを考えて実践していきます。

6年生が認知症サポーター養成講座を行いました!

 グループホームすずらん日向より、外部講師をお招きして、「認知症サポーター養成講座」を行っていただきました。毎年本校の6年生が、すずらん日向のおじいさんやおばあさんたちと交流をさせていただいております。認知症サポーター養成講座を受講した先輩方が1000人を超えたとのことでした。今回は、交流することができずとても残念でしたが、「お互いの気持ちを大切にするとは」という、とても大切なお話をいただきました。また、隣の友達のよいところを考え、伝え合う活動を通して、相手に認めてもらうことのうれしさ、相手のよさを見つけることの大切さを感じ取ることができました。私たちはいろいろな人たちと関わり合って生きています。互いに尊重し合い、助け合いながら、みんなが幸せな気持ちで過ごしていけるようにしたいです。すずらん日向の職員の方々やおじいさん、おばあさんから、中学校へ向けてあたたかい励ましのビデオメッセージをいただき、とてもうれしかったです。今後、さらに認知症や福祉などについての理解を深め、互いに支え合いながら生活していくことができるようにしたいです。認知症サポーターオレンジリングをいただきましたので、これから応援者の1人として、少しの気配りや思いやりの気持ちがもてるようにしていきたいです。お忙しい中、貴重なお話をいただきました橋本さん、ありがとうございました。

 

2年生 だんごさしをしました

 2年生は、13日の水曜日に、公民館との連携授業でだんごさし体験活動をしました。

 赤白緑のだんごを見て、子どもたちは大喜び。「友だちといっぱい遊べますように。」「家族みんなが元気でいられますように。」「みんながかけ算九九をすらすら言えますように。」など、願いをこめながら色とりどりのだんごを枝にさしました。

公民館の方や知恵袋の会の方のご協力で、貴重な体験をすることができました。

皆様ありがとうございました。

5年生 プログラミング学習に取り組みました

 GIGAスクールサポートスタッフの方の協力をいただき、各学級に分かれてレゴブロックを使ったプログラミング学習に取り組みました。組み立てたレゴブロックにパソコンからの指示を出すことで、センサーに反応して動き出す様子に驚いたり、喜んだりする姿が見られました。

 

6年生の姿

 毎朝6年生が廊下や階段の掃除をしてくれています。今週から始まったこの取組。卒業を前に感謝の気持ちを込めて、ボランティアとして行っているとのことです。おかげで、きれいな校舎で全校生が気持ちよく生活できます。

 ここで素晴らしいのが、6年生のあいさつです。6年生の元気のよいあいさつが校舎に響きます。その姿を見た下学年の子どもたちのあいさつの声も、なんだか大きくなったように感じます。6年生の立派な姿は、こうして引き継がれていくのだなぁと感じます。

 

第3学期始業式がありました

 1月5日(火)、第3学期始業式をテレビ放送で行いました。

 校長先生からは、「思いやり」のお話がありました。新型コロナウイルスの感染も依然増えており、緊急事態宣言の再発令も報じられる中、感染した人を誹謗中傷するのではなく、その人の立場に立って行動したり、心配してあげたりする気持ちを大事にしていけるよう、学校の中でも言葉がけをしていきたいと思います。

 代表の挨拶をした6年生の吉田さんは、「お家の人の年賀状や、友だちからの年賀状を見て、つながりのよさを感じた」と話していました。遠方や県外に行くのがためらいがちになりますが、久しぶりの学校となった今日「やっと学校が始まる」「友だちに会えてうれしい」という声が、子どもたちの中からも聞こえてきました。

 昨年は子どもたちだけでなく、保護者の皆様方も新型コロナウイルスへの対応に追われた一年となりました。2021年はコロナ禍の収束を願って、学校でも引き続き感染防止に努めていきたいと思います。53日間の3学期、よろしくお願い致します。

新年明けましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 10日間というたいへん短い冬休みでしたが、ゆっくり休めたでしょうか。なかなか外に出て遊ぶこともできなかったかと思いますが、みなさんの元気な顔が見られることを楽しみにしながら、先生方も明日からの準備を進めているところです。

 明日の始業式の日は特別日課4校時(給食無し)、12:05下校になります。忘れ物に気をつけながら、朝は歩道が凍っていると思いますので、安全に気をつけて登校しましょう。

第2学期終業式

 終業式をテレビ放送にて行いました。例年よりも早く始まった2学期も今日で終わりです。

 コロナウイルスの感染が広がる中、学校では感染防止のための対策を講じながら、教育活動を展開してきました。運動会等の行事についても、保護者の方のお力をいただきながら、なんとか実施することができました。子ども達は、常にマスクを着用し、交流場面であってもできる限り友達とのディスタンスをとって活動してきました。給食は全員前を向いて食べるなど、様々な制限がある中での生活でしたが、89日間元気に登校し、力を伸ばすことができました。2学期に取り組んできたあいさつ運動やあたたかい言葉集めからも、子ども達の豊かなかかわりが見えてきます。

 今週は、多くの学年・学級でお楽しみ会が企画され、友達とのレクを思い切り楽しむ、嬉しそうな子どもたちの声がたくさん響いてきました。

 明日から少し短めの冬休みが始まります。例年とは違い、多くを家で過ごす冬休みになるかと思います。これまでの生活リズムを崩さず、充実した休みにしてほしいです。また、1月5日に全員が元気に顔を合わせることができることを願っております。よい年をお迎えください。

 

2年生 学級お楽しみ会!

 

  22・23日の体育の時間、各学級で体育館と校庭を使える時間を割り当てて、学級お楽しみ会をそれぞれ実施しました。学級活動の時間で、子どもたちが意見を出し合い、みんなで話し合った楽しくできる遊びを一時間めいっぱい使って取り組みました。天気にも恵まれ、はじめはコートを着ていたお友達も、最後には半そでになったり、汗をかいていたりしました。

 冬休みまであとわずか、勉強のまとめだけでなく、こうした学習以外の時間も充実させて過ごしていきたいと思います。8月から始まった長い2学期もあと少しです。体調管理に気を付けながら、頑張っていきましょう!

寒くても

 寒い朝。校庭にはうっすら雪が積もりました。休み時間が始まるころにはほとんどがとけてしまいましたが、それでも、わずかに残った雪を求めて、多くの子どもたちが校庭に出てきました。寒くなっても外で遊ぶ、元気な子どもたちです。

 

伝統を引き継ぐ

 鼓笛の放課後練習がありました。先週から休み時間のパート練習を積み重ねてきた子どもたち。顔合わせで緊張していた子どもたちも、今では自信をもって練習に取り組んでいます。6年生は歌ったり手拍子をしたりしてリズムをとりながら、ていねいに動き方を伝えていました。5年生の上達を自分のことのように喜ぶ6年生の姿も見られます。

 親身になって教える6年生と、それを真剣に聞く5年生。これまでも、こういった姿があって、伝統がしっかり引き継がれてきたのだと改めて感じます。移杖式に向けて練習は続きます。

郡山市ふれあい科学館に行きました。

 12月8日に4年生が郡山市ふれあい科学館で体験学習をしてきました。まず、全員でプ

ラネタリウムで「月と星の動き」を見ました。科学館の方に分かりやすく説明していただい

たり、みんなでクイズに参加したり、楽しく学ぶことができました。

 次に、2チームに分かれて企画展や展示ゾーンで様々な活動や体験を行いました。科学の

楽しさや宇宙の不思議に触れることができ、大変有意義な一日となりました。

 

新鼓笛隊始動!

 6年生と5年生の鼓笛顔合わせ会を行いました。担当の先生方を紹介したり、練習に対する心構えについて話を聞いたりしました。これから、休み時間などを利用して、パートごとに分かれて練習を行っていきます。今まで頑張って取り組んできた6年生から、演奏や演技の仕方を5年生に伝えていきます。西一小の鼓笛の伝統を新しい鼓笛隊につないでいきます。

たかが牛乳パック されど

 これは、あるクラスの給食後の牛乳パックです。牛乳パックは、クラスごとにまとめて、掃除の時間に捨てるようになっています。たかが「ごみ」となる牛乳パック。されど・・!きちんと重ねられた牛乳パックを見ると、そのクラスがどんなクラスなのか、なんだか子ども達の様子が浮かんできます。きっと、他のこともきちんと取り組める、そんなクラスなのだろうと思います。

 「当たり前のことを当たり前に」この姿は、きっと他の力を伸ばす土台になります。

 

6年生が税の大切さを学びました!

 須賀川税務署より阿部さんにお越しいただき、租税教室を行いました。税金の必要性や役割について説明していただきました。「税金がなくなったら社会はどうなるか」について、DVDを鑑賞させていただき、税金の大切さを実感することができました。一億円のレプリカを見せていただいたり、1年間の税金の金額を教えていただいたりして、子どもたちはとても驚いていました。消費税など、子どもたちは日頃から税金と関わっていますが、その役割について考えるよい機会となりました。

【子どもたちの感想より】

 納税には、納める義務があり、教えてもらう前は「なぜ、納めなければならないの?」と思っていましたが、命に関わることなど大切なときに使っていること、そして、国民を守るために税金があるのだと実感しました。

 消費税は、無かったら世の中が大変になることを知りました。そして、子どもから大人まで、必ず公平なものが税金だと知りました。

 税金がなかったら、火事や事故など、自分で対処しなければならないから、税金があってよかったなあと思いました。これから、しっかり税金を払い、日本の役に立つように頑張っていきたいです。

 

おいしく完成!6年生の調理実習

 6年生が、調理実習を行いました。「まかせてね 今日の食事」の単元で、1食分の献立のおかずを考え、計画に沿って準備を進めてきました。野菜のベーコン巻きやジャーマンポテトなどメニューはさまざま。みんなで協力しておいしいおかずを作ろうと、一生懸命取り組んでいました。野菜を切る子、炒める子、洗いものをする子など、グループでしっかりと分担して、手際よく実習を行っていました。2度目の調理実習とあって、料理の腕がどんどんあがってきました。ちょっと焦げてしまっても、野菜が少しかたくても、みんなと作った料理の味は格別です。家庭科室が笑顔でいっぱいになりました。実習を行うにあたり、材料などをご家庭で協力していただきました。ありがとうございました。ご家庭でも、どんどんお手伝いをさせてください。調理がとても上手になりました。

 

西二小の6年生と楽しく交流しました!

 小小連携事業で、西袋第二小学校の6年生と交流をしてきました。来年4月には、ほとんどの6年生が西袋中学校で一緒に中学校生活をスタートさせます。9月に修学旅行で一緒に活動しましたが、今回は、さらに楽しく触れ合うことができたように思います。笛の合図で、ペアやグループを作って体を動かしたり、チーム対抗戦でドッジボールを行ったり、協力しながら楽しい時間を過ごすことができました。笑顔で関わり合っている姿を見て、来年仲良く中学校生活をスタートできるのではないかと感じました。西二小のみなさん、お世話になりました。

 

あたたかい言葉集め

 2学期からの重点的な取組として行っている「あたたかい言葉集め」。子どもたちのあたたかい言葉が増えてきました。

 うんていの練習をしていた時の「もう少しだよ」という応援の言葉。困っている友達を気にかける「だいじょうぶ?」というひと言。1年生から調理員さんへの「いつもおいしい給食を作ってくれてありがとうございます」という言葉。相手を思いやる気持ちやあたたかいかかわりが浮かんできます。こんな素敵なやりとりが、さらに広がっていくよう、職員一同応援していきます。

 校長室前に掲示しています。教育相談等でご来校の際には、ぜひご覧ください。

 

6年生が絵のぼり作りに挑戦!

 6年生が総合学習の時間に、絵のぼり作りに挑戦しました。1学期にふるさと学習で、須賀川絵のぼり吉野屋さんにお邪魔して、絵のぼりの由来や作業の仕方などについて学びました。そして2学期は、実際に自分たちの手で絵のぼりを作ることになりました。4校時にわたって、各クラスで大野さんにかき方の指導をしていただき、下絵を完成することができました。今度は、目やひげをかき加えたり、色を入れたりしながら、絵のぼりを仕上げていきます。子どもたちそれぞれの魂を込めた絵のぼりがどのように完成していくか、とても楽しみです。

 お忙しい中、朝早くからご指導をいただきました大野様、ありがとうございました。

5年生 いわきで学ぼう!

 11月20日(金)に、5年生は「日産いわき工場、アクアマリンふくしま」に研修バスで行ってきました。普段の生活や教科書などでは学べない「現場」を見ることによって、そこで働いている人々の思いを感じ取ったり、安全・環境への配慮を行っている様子を観察したりしてきました。

 本日見学してきたことは、後日、記事にして新聞にまとめていきます。どんな新聞になるか、楽しみです。

 

小学校最後の持久走記録会!

 6年生が、小学校最後の持久走記録会を行いました。さわやかな秋空の下、子どもたちは、今までで一番のタイムを出そうと一生懸命走りました。今年度は、なかなか思いきり運動することができない1年でした。しかし、最後まで全力で走る姿、友達に負けじと必死に競い合う姿、がんばって走る友達に声援を送る姿を見て、とてもうれしく思いました。おうちの方々にも、たくさんの声援を送っていただき、子どもたちはがんばり抜くことができました。ありがとうございました。体育的行事は、残すところなわとび記録会だけとなりました。寒い時期になりますが、中学校へ向けて、体力作りもしっかり取り組ませていきたいと思います。今後もご支援よろしくお願いいたします。

3年生  1年生への読み聞かせを行いました!

 3年生の国語科では、1年生に本を好きになってもらえるような本を選んで、読み聞かせをする学習がありました。

各クラスのグループごとに、一人ひとりが持ち寄った本の中から、どの本がいいか話し合い、1冊に決めました。

そして、練習を重ね、読み聞かせを行いました。

1年生も本をのぞき込んで聞いてくれました。

読み聞かせの後にクイズを出したり、感想を聞いたり、楽しい一時になりました。

 

 

 

 

4年生 防災教室を実施しました

 11月17日に福島県の危機管理課から講師の先生がおいでになり、「そなえるふくしま

防災出前講座」が行われました。講師の先生から防災とは何かを詳しく説明していただいた

り、クイズを解いたりして理解することができました。また、一人一人が防災VR体験をして、

災害の怖さを知ることができました。

 須賀川市は、昨年度水害の被害がありました。水害を中心に、どんな被害があるのか、被害

を防ぐためにどんな備えが必要か、避難の仕方などを教えていただきました。自分の命は自分

で守ることを知った貴重な学習となりました。

 福島県の危機管理課の講師の先生方にはお忙しいなか、丁寧に教えていただきありがとうご

ざいました。

 

2年生 物語を作っています!

 国語の「お話のさくしゃになろう」の学習で、教科書の絵を基に考え、自分で物語を作っています。

 同じ絵をつかっていても、一人ひとり全然違った物語が広がっており、漢字や「 」(かぎかっこ)の使い方に注意しながら、一生懸命取り組んでいるところです。

消防署見学に行ってきました! 3年生

 3年生は、消防署まで歩いて見学に行ってきました。

小春日和の中、消火栓を探しながら消防署に向かいました。

 今年は、コロナウィルス感染防止のため、消防署内に入ることはできませんでしたが、

タンク車、ポンプ車、水槽車、救助工作車、救急車を丁寧に説明していただきました。

また、防火衣という消防服を素早く着る姿を見せていただくなど、

貴重な体験をさせていただきました。

 帰り道、須賀川市第4分団の屯所や防火水槽も見つけながら帰ってきました。

帰校後は見学して、分かったことなどを新聞にまとめました。

 今回見学したことを生かして、火事から暮らしを守るための学習を

しっかりとまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

あいさつプロジェクト2020 第3弾

 あいさつプロジェクト2020の第3弾が始まりました。今回は、運営委員会の子どもたちが、毎朝教室に来て、気持ちのよい挨拶をしてくれます。

 1年生教室。3名の運営委員の子どもたちが明るい声で挨拶をすると、それに合わせて1年生も元気に挨拶を返していました。「前より元気に挨拶できたね」というお姉さんの言葉に、1年生もとっても嬉しそうでした。

 運営委員の子どもたちは、職員室にも来てくれます。毎朝楽しみです。

 

5年生 持久走記録会

 11月11日に、5年生の持久走記録会を行いました。少し気温が低い中での開催でしたが、子どもたちは1000メートルという距離を力いっぱい走り切りました。

 お忙しい中、応援に来てくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

 

校内持久走記録会 4年生

 4年生が11月12日に校内持久走記録会を行いました。4年生は校庭を4周走りました。

走っているうちにつらそうな表情をしているお子さんもいましたが、最後まで自分の力を出し

きって、がんばって走る姿が見られました。寒い中でしたが、全員が完走し、女子2名は、新

記録を樹立しました。見ている友だちも一生懸命応援することができました。

 お忙しい中、多くの保護者の皆様に応援していただきありがとうございました。

2学期の重点的な取組み「温かい言葉集め」について

 1学期の教育課程の反省から、2学期の重点的な取組みとして「温かい言葉集め」に取り組んでいます。継続して取り組んでいる学年・学級を、ここでいくつか紹介したいと思います。

 

1年生

 教室の窓にはたくさんの付箋が貼られています。毎日、帰りの会(Heart Time)で温かい言葉集めをしており、付箋の数も増えてきました。取り組みが定着しているため、多くの子が手を挙げて発表しています。

3年生

 外国語活動の授業中、「Me Too.」と言っていた子どもを取りあげて紹介していました。いつ、どの場面で言葉を紹介するかで、子どもたちへの効果も変わってくるとわかりました。

 

 他にも様々な形でこの取り組みを活用しています。温かい言葉をかけた子はもちろん、あたたかい言葉を見つけた子も称賛し、価値づけてあげることで、思いやりをもって友達に接する子どもをさらに増やしていければと思います。そして、学期末・年度末に子どもたちの素敵な姿をたくさん共有できればいいなと考えています。

 

本の読み聞かせ【図書委員会】

 図書委員による本の読み聞かせがありました。2・3年生の教室に行ってみると、子どもたちは「図書委員の人たち、まだかなぁ」と、読み聞かせを楽しみに待っている様子でした。普段、あまり読むことがない大きな絵本に、みんな興味津々です。

 本校では、月・水・金曜日の朝に読書タイムを設定し、子どもたちの読書の習慣化を図っています。この読み聞かせも、読書の楽しさに触れるきっかけになればと思います。