西一小の「今」をお伝えします!

2020年9月の記事一覧

特設合奏部グランドコンテスト録音

 27日(日)、稲田学園の体育館で、合奏部の録音が行われました。この録音CDを、グランドコンテストで審査していただくことになります。子どもたちは、これまで練習した成果を発揮し、すばらしい演奏をすることができました。コロナウイルス感染対策により、今年度はステージでの演奏ができません。それでも、子どもたちは、これまで一生懸命に練習に励んできました。短い期間で、すばらしい仕上がりになりました。

第3回授業研究会

 2年生の外国語活動の授業。スポーツの言い方を練習するジェスチャーゲームでは、たくさんの子どもが手を挙げてチャレンジしていました。

 友達や先生との会話を楽しみながら「Do you like ~?」の言い方を覚えて、多くの子どもが自信をもって発音できるようになりました。授業が終わる時の「え~、もう終わり?」という子どもたちの声が印象的です。

 

4年生 3Rの学習をしました。

 

    

9月17日に4年生がごみを減らす取り組みの3R学習を行いました。まず、全体で、

ごみについて考えました。毎日の生活の中でどのようなごみをどれくらいだしているか。

3キリ運動とはどういう取り組みかなど、クイズ形式で基本的なことを楽しく考えまし

た。

 その後、①ゴミの分別ゲーム②環境クイズ③ごみの投げ入れ体験の3つを実施しまし

た。パッカー車では、太い木が回転板にはさまれてすぐに折れてしまいました。子ども

達から「わー。すごい。」と声が上がっていました。清掃員の方が雨の日も風の日も休

まず危険な作業をして下さっていることが分かりました。

 子ども達は、今日3Rで学習して分かったことをお家の人にも教えていきたいと感想をも

ていました。ごみの少ないきれいな須賀川市になるように、自分達でできることを実践

していきたいと思います。

 お忙しいなか、須賀川市役所環境課の方々に来校していただき、丁寧に教えていただ

きました。大変ありがとうございました。

合奏部演奏発表会

 特設合奏部による校内演奏会が行われました。美しい楽器の音色と迫力ある演奏に、子どもたちも本校職員も感動しました!

 今年度は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、大会が中止になったり、大会が実施されても録音審査という形での参加になったりで、例年のようなステージの発表ができませんでした。そこで、このような演奏会が企画されました。

 密を避けるために、学年ごとに体育館に集まり演奏を聴きます。本日は4・5・6年生が、来週29日には1・2・3年生が演奏を聴きます。

楽しかったね、岩瀬牧場!!

 9月16日(水)1年生が岩瀬牧場に行ってきました。

 バター作りでは、生クリームの入った容器を音が出なくなるまで一生懸命にふり「あっ、音がきえた・・・。」器にあけてみると「わぁ~!!」と驚く子供たち。自分で作ったバターをクラッカーに付けておいしくいただきました。

 牧場には、馬やうさぎ、ひつじなどの動物がいました。子どもたちは、人参を片手に動物たちに餌をやり楽しみました。ひつじに餌をやると「うっめぇ~~~」という鳴き声を聞いてよろこんでいました。

 体験活動を通して、生き物への親しみを持つことができました。

9月17日 第2回授業研究会(3年生)

3年生と6年生が交流しました。3年生は「I like ~.」「Do you like ~?」の言い方を使って自分の好きな物を伝えたり、6年生の好きな物を聞いたりしました。

「Eye contact」「Gesture」を意識して、一生懸命伝えようとする3年生と目線を3年生にそろえてやさしく教える6年生。すてきなかかわりがたくさん見られました。

3年生が英語を学ぶことはもちろんですが、6年生にとっても学びの多い1時間でした。

 

4年生 下水道講座がありました。

 9月9日に4年生で下水道講座が実施されました。まず、下水道の仕組みを詳しく教えて

いただきました。次に、実際に下水を顕微鏡で観察しました。微生物が汚れを食べて水をき

れいにしてくれることを学びました。その他にも水質を調べるパックテストやペットボトル

による水の溶け方実験などを行いました。

 下水道が汚れた水をきれいにしたり、大雨から街を守ったりしていることに気付きました。

 これから、自分達で水を汚さなために気をつけられることも教えていただいたので、実践

できるようにしていきたいです。福島県下水道公社の皆様にはお忙しいなか来校していただ

き、丁寧に教えていただきありがとうございました。

2年生 郡山カルチャーパークに行ってきました!

 生活科の学習として、研修バスに乗って郡山カルチャーパークに行ってきました。アリーナでは、ドッジビー大会をしたり屋内遊具で遊んだりしました。また、屋内運動場では、人工芝の上を全力で走ったり、ボールや様々な遊具を使ったりして楽しむ姿が見られました。

 帰りのバスの中では、疲れて寝てしまう子どももいました。久しぶりに学校の外で友達と遊べる機会を、全力で楽しんでいたからこそだと思います。保護者の皆様、お弁当や持ち物の準備等、ご協力ありがとうございました。

みんなが あいさつを意識できるように

 代表委員会が行われました。今月行われているあいさつプロジェクト第2弾の取組において、みんなの行動は変わってきているのか、確認していました。「第1弾の時と比べると、積極的なあいさつはまだ多くはない」との声も聞かれました。そこで、「代表委員会に参加している4~6年生からあいさつの声を響かしていこう」ということになりました。

 

次の目標に向かって

 昨日修学旅行から帰ってきたばかりの6年生ですが、今日は朝からリレーとハードルの練習に励んでいました。次の目標に向かって動き出しています。がんばれ、6年生!