こんなことがありました!

2019年5月の記事一覧

調理大好き!5年生が実習を行いました

 5年生が、家庭科の調理実習で、ゆで卵と茹でたほうれん草サラダを作りました。

今回は、2回目とあってグループで分担や協力をしながら、手際よく調理を進めるこ

とができました。茹でる時間に気をつけたり、オリジナルのドレッシングづくりに工

夫を凝らしたりしながら、一生懸命取り組んでいました。子どもたちは、みんな調理

が大好きです。自分たちで作ったサラダを笑顔で食べていました。

 家庭でも、家事に積極的に参加し、おうちの人の手伝いをしたり、自分の力ででき

ることを増やしたりしてほしいと思います。今回も、家庭にご協力をいただきました。

ありがとうございました。

2学年 ミニトマトが育ってきました!!

 2年生は、生活科の学習でミニトマトの種をまきました。子どもたちが毎日水をあげて大切に育てているおかげで、芽が出て日々順調に成長しています。梅雨の季節や暑い夏がやってきますが、立派な実がたくさんなるように、これからも学校で世話を続けていきます。夏休みは、お家に持ち帰って観察してもらう予定です。

 6月20日(木)に町探検を予定しております。いくつかのグループに分かれて、学校の周辺を散策します。そこで当日ご協力いただける保護者の方を募集しております。よろしくお願いいたします!!

2019年度 運動会を行いました!

2019年5月25日(土)

  今年の運動会はとても気温が高く、熱中症が心配される中、しっかりと水分を取り、子どもたちは元気よく運動会に参加することができて良かったです。1年生にとっては初めての運動会。とても元気よく走り、ダンスを踊ることができました。6年生にとっては最後の運動会。鼓笛に思いをこめ、とてもかっこいい演奏ができました。それぞれの学年で練習の成果を出し、一生懸命競技を行う姿は大変立派でした。令和初の運動会は紅組の勝利でした。最後は紅白ともに健闘をたたえ合い、みんなで元気よく校歌を歌いました。

 ご参加及びお手伝いしてくださいました、保護者・地域の皆様をはじめ、PTA役員・学年学級委員・音体役員の皆様、本当にありがとうございました。

 

6年生 鼓笛パレードで堂々の演奏を披露しました!

 

2019年5月22日(水)

 

 6年生は、市内で行われた「第48回交通安全鼓笛パレード」に参加し松明通りを堂々と歩きました。

 須賀川市内の小学校16校が一堂に会し、約1200人の子どもたちが青空の下、堂々と行進していました。

 

 西袋一小は、校歌・こんにちはトランペット・ルパンⅢ世のテーマ・ウルトラセブンの4曲を演奏しました。

 子どもたちは全員が一丸となって演奏をし、沿道の方から大きな歓声をいただきました。

 

 なお、当日の様子が、あぶくま時報5月23日号に西一小の写真が掲載されましたので、ぜひご覧ください。

 ご覧いただいた保護者・地域の皆様、お手伝いいただいたPTA役員・学年学級委員・音体役員の皆様、本当

にありがとうございました。

 

5年生が調理実習を行いました!

 5年生になって初めて取り組む家庭科の授業。子どもたちの楽しみは、調理実習です。

今、各学級で、野菜をゆでる料理に挑戦しています。包丁やまな板、ガスコンロの使い方

などを学習しました。また、野菜の切り方やゆで方などを学びながら、実際に自分たちの

力で料理にチャレンジしました。どの子も真剣に調理を行い、グループの友だちと協力し

ながらコンビネーションサラダを完成させました。切った野菜の形や固さ、ドレッシング

の味はさまざま。しかし、自分たちの手作りの味は普段と違うおいしさのようでした。

 いつも調理をしてもらっているおうちの人たちの大変さやすごさを実感したことと思い

ます。家庭科の学習で、自分の力でできることを増やしていければと思います。野菜など

の材料のご協力をいただきましてありがとうございました。

5年生が総合学習で田植えを行いました!

 社会科と総合学習で、米作りについて学習しています。講師の岩崎功一さんのご指導のもと、

先日、代かき作業の重要さについて話を聞き、作業の様子を見学させていただきました。そして

今回、田植えの体験をさせていただきました。ほとんどの子どもたちが田植えの経験は初めてで

す。どろどろになりながら、手植えをする大変さを肌で感じることができました。子どもたちは

初めての土の感触に喜んでいました。今後、稲がどのように成長していくか、継続して観察をし

ていきます。今から収穫するの日を迎えるのが楽しみです!

6年生 福島県文化財センター「まほろん」へ行きました!

 

2019年5月16日(木)

 

 社会科の歴史学習の一環として、福島県文化財センター「まほろん」で見学・実習を行いました。

6年生は現在、社会科で縄文時代~飛鳥時代を学習中で、教科書だけでは学ぶことのできない、より深い体験を行うことが出来ました。

 今回は、いわゆる古代の時代の生活体験を中心に、勾玉の製作や火起こし体験、古代の住宅であるたて穴式住居の見学などを行いました。

 子どもたちは教科書で学んだ縄文~飛鳥時代の生活の様子に直接触れることができ、「あぁ~これが○○か~!」という声が多く聞こえてきました。

 

 今回ご協力いただいた「まほろん」の皆様、本物の出土土器まで触らせていただき、貴重な体験をすることが出来ました。本当にありがとうございました。

運動会・応援合戦練習

2019年5月13日(月)

 お昼休みの時間に全校集会として、紅白対抗応援合戦に向けた練習を行いました。団長の力強い掛け声に続いて、紅組・白組それぞれ体育館に大きな声と手拍子を力いっぱい響かせていました。

 運動会最初の団体種目であり、ここで勝つことで得点をリードすることができます。運動会当日、今日の練習以上に大きな声を出して相手に勝てるよう、練習を重ねていきましょう!

 

第1回避難訓練を行いました。

 

2019年5月10日(金)

 

 2校時目に、今年度最初の避難訓練を行いました。

 今回は火災を想定した訓練で、子どもたちはしっかりと口にハンカチを当てて避難する姿が

多く見られました。

 全体反省会では、教頭先生より避難開始の放送から全校生の安全が確認されるまでにかかった

時間が報告されましたが、残念ながら昨年度よりも延びてしまいました。

 校長先生より、「なぜ避難するとき、口にハンカチを当てるのか」や「なぜ避難訓練を行う

のか」というお話がありました。

 いつ・どんな災害・事件・事故が起こるかは超能力者でもない限り、わかりませんよね。

最近では幼い子どもたちが、命を落としてしまう悲惨なニュースが多く聞かれます。本校でも、

事件・災害などいかなる時でも、1人の命も落とすことなく、意識し子どもたちに指導してい

きたいと思います。

5年生の米作り(総合学習)の体験学習が始まりました!

 今年度も米作りの先生の岩崎さんにご指導をいただきながら、5年生が米作りの体験学習を行います。

第1回目は、代かき作業の見学をさせていただきました。代かきは、水持ちをよくしたり、田植えをしやす

い土の状態にしたりなど、田植えをする前のとても大切な作業であることを教わりました。子どもたちは、

トラクターに乗って作業する岩崎さんの仕事の様子を見ながら、気づいたことや分かったことなどをメモし

ました。次回は、いよいよ田植えの体験をさせていただきます。もち米(こがねもち)の苗を植え、10月

には、収穫したお米でもちつきをさせていただく予定です。自分たちが植えた苗がどのように成長し、どれ

だけ収穫できるか、今から楽しみです。

 これから、岩崎さんにお世話になってたくさんのことを学んでいきます。よろしくお願いいたします。