こんなことがありました!

出来事

3年生 ヨークベニマル見学

 10月9日に3年生が社会科の学習でヨークベニマル見学に行ってきました。お店で働く方に詳

しく説明していただきながら、ヨークベニマルの店内やバックヤードを見学しました。子どもたち

も実際に見せていただき初めて知ることがたくさんあったようでした。また、事前に用意した質問を

もとにお客さんにインタービューしたり、お店の方に質問したりして、お店の工夫に気づくことが

できました。

 ヨークベニマル 須賀川西店の皆様にはお忙しい中、店内を見せていただいたり、お話をしてい

ただいたりしてありがとうございました。子どもたちにとって貴重な体験となりました。

 

6年生 いわせ地区陸上競技交流大会に参加しました!

 

2019年10月3日(木)

 

 第6回 いわせ地区陸上競技交流大会に西袋一小の代表選手として出場しました。

 子どもたちは2学期初めから、陸上の練習を頑張り、「最後まで全力をつくせ!」を合言葉にそれぞれの種目でベストを目指し、大会へ挑みました。

 

 今回の大会では、自己ベストや満足のいく結果を出せた選手や、残念な結果となってしまった選手もいました。

しかし、西一小の6年生101人全員が「最後まで全力をつくせ!」の合言葉のとおり、最大限の力を発揮しようとしていました。本当によく頑張ったと思います。

 

 また今回、テントの設営などご協力いただいた、PTAの皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

弁当の日

 昨日・今日と2日間に渡って縦割り班で分かれて弁当の日でした。清掃班に分かれて、どの班も楽しそうにお話しながら持参したお弁当を美味しそうに食べていました。

ライスセンターに行ってきました!

 5年生が、総合学習でライスセンターに行ってきました。稲を刈ってから、出荷される

までの過程を学びました。大きな機械で時間をかけて乾燥したり、米を識別したり、出荷

されるまでにも、いろいろな作業を行わなければならないことを知りました。

 今までお世話になった岩崎さんやライスセンターの方々のご厚意で、子どもたちに餅つ

きの体験までさせていただき、そして、つきたてのおもちをご馳走になりました。柔らか

いおもちをほおばる子どもたちは、笑顔いっぱいでした。自分たちが植え、観察を続けた

稲がお米になり、それを食べる喜びを十分味わうことができました。

 今までご指導いただいた、岩崎さんをはじめ、今回ご協力をいただきましたライスセン

ターのみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

全校集会(地区陸上大会壮行会)がありました

 特設合奏部と夏休みの自由研究の表彰、岩瀬地区陸上大会に出場する選手の壮行会がありました。木曜日の本番に向けて、それぞれの競技に分かれて一生懸命練習を頑張ってきました。たくさんの声援を胸に、大会では最後まで全力を尽くしてください!

宿泊学習に行ってきました!~2日目

 5年生が、那須甲子青少年自然の家で宿泊学習を行ってきました。

 2日目は、やや風が強かったのですが、晴天の下、野外炊飯やスコアオリエンテーリングを

行うことができました。野外炊飯では、火をおこすのに悪戦苦闘しましたが、班でしっかりと

役割分担を行い、協力して進めることができました。家庭科の学習で調理実習したことや家庭

で経験したことが生かされ、とても美味しいカレーライスを作ることができました。片付けの

仕方もたいへん上手で、一生懸命に取り組む子どもたちの姿はとても立派でした。

 午後は、スコアオリエンテーリングを行い、自然の家の周辺を90分間歩き回って、ポイン

トを探しました。宿泊学習最後の活動も、制限時間ぎりぎりまで声を掛け合いながらがんばっ

ていました。2日間ではありますが、子どもたちがたくましくなっていくのを感じました。

 宿泊学習へ向けて、ご協力をいただきました保護者の皆様、自然の家の先生方、ありがとう

ございました。貴重な体験をたくさんすることができ、この2日間で心を大きく育てることが

できました。みんなのことを考えて行動したり、優しい気持ちをもって友だちに手を差し伸べ

たり、辛くてもあきらめずにチャレンジしたり...子どもたちの素敵な姿をたくさん見ることが

できました。2日間の学びを学校生活でも生かすことができるように、さらにがんばらせてい

きたいと思います。

宿泊学習に行ってきました!~1日目

 5年生が、那須甲子青少年自然の家で宿泊学習を行いました。

 1日目は、茶臼岳登山とキャンプファイヤーを行いました。登山は、台風の影響を感じ

られないような晴天の下、実施することができました。登りはじめは、辛そうな様子の児

童もいましたが、班の仲間が声を掛け合いながら、全員が頂上まで登り切ることができま

した。下山途中に雨のため、ロープウェイで下りることになってしまいましたが、子ども

たちからは、登り切った満足そうな表情が見られよかったです。

 夜には、自然の家でキャンプファイヤーを行いました。班の出し物やダンスなどで、楽

しく盛り上がることができました。火の神から、健康の火、努力の火、友情の火、感謝の

火をいただき、それぞれの火の子たちが誓いを述べました。宿泊学習で学んだ大切なこと

をこれからもずっと忘れずに、心の火をともしていってほしいです。

 子どもたちのがんばりで、充実した宿泊学習1日目を終えることができました。

6年生 総合「ともに生きる」でお話をお聞きしました。

 

2019年9月10日(火) ・ 同年9月13日(金)

 

 両日にわたって、総合的な学習「ともに生きる」の一環として、10日はグループホーム「すずらん日向」さんに認知症について、13日は富岡町出身で現在は福島市在住の視覚障害マラソンランナー 星純平さんと伴走者で本校PTA副会長の加藤将士さんに、それぞれお話をお聞きしました。

 

 10日は本校学区内にある、「すずらん日向」の橋本さんらにお越しいただき、認知症について学びました。「すずらん日向」は認知症に特化した施設で、毎年本校6年生と交流していただいております。今年度も学校で認知症について学んだ後、それぞれの学級ごとに2回ずつ施設へお伺いし、入所されている方と交流をする予定です。

 

 13日は星純平さんと伴走の加藤将士さんにお越しいただき、星さんの半生やマラソンとの出会いを中心にお話いただきました。星さんはリオパラリンピックの強化指定選手にも選ばれた経歴をお持ちですが、それまでのご自身の人生をお話いただいたら、子どもたちはその内容に驚いた様子で、食い入るように聞き入っていました。

 6年生はその後、視覚障害体験を校庭と校舎内で行いました。デモンストレーション走行を星さんや加藤さんにしていただきましたが、子どもたちだけでなく教職員もその速さに大変驚かされました。

 

 「すずらん日向」さんや星さん・加藤さんらのとても貴重なお話を聞くことができ、本当に感謝しております。ありがとうございました。「すずらん日向」さんは、また後日お世話になりますのでよろしくお願いいたします。星さん、ぜひ機会がありましたら、また須賀川へお越しください。お待ちしております。

 

給食試食会

 9月24日に、すこやか員会主催の給食試食会が実施されました。試食会

の中で、本校主任栄養技師より学校給食の現状について詳しくお話がありま

した。

 今回は、子どもたちに人気の「ロールパン」や家庭でも気軽に調理できる

「鶏肉のハーブ焼き」など、献立を工夫して取り組みました。実際に保護者

の方に給食を食べていただき、いろいろな感想がでました。  

 アンケートにもたくさん感想や意見を書いていただきありがとうございま

した。今後の給食に生かしていきたいと思います。

 

稲刈り前の稲の様子は?

 5年生が、稲刈り前の稲の様子を観察してきました。夏休み中に観察をしたときよりも

稲の様子が大きく変わり、たくさん実っている稲穂の様子に自然と笑顔がこぼれていまし

た。稲穂を手にとって、一生懸命観察する姿が見られました。いよいよ、来週が稲刈りと

なります。自分たちが見守ってきた稲が、どんな美味しいお米になっているのか楽しみで

す。