岩中なう!

2020年7月の記事一覧

にっこり 校内授業研究会より/2年2組・道徳

2年2組では須田美雪先生の道徳が行われました。内容は「あきらめない気持ちで」(克己と強い意志)でした。病気で片手の機能を失ってしまったピアニストの生き方から考えを深めていきました。生徒からは活溌な意見が出され、そして、「中学2年生の今、何をすべきか。」「夢を叶えるためにどうしたらよいか。」を考えることができたすばらしい授業を提供いただきました。みなさん、今日の授業で考えたことをこれからも忘れないでくださいね!

     

 

 

グループ 校内授業研究会より/3年2組・理科

3年2組で理科の授業研究会が行われました。授業者は伊藤晴稔先生です。内容は「化学変化とイオン」です。発問や説明の仕方、実験への取り組み方などすべてにおいて、さすがベテランです。他の先生方も見習う部分が多くあったのではないかと思いました。しかし、伊藤先生のパワーはすごいです。生徒もとても集中力があり、真剣な態度でした。とても勉強になる良い授業を参観させていただきました

     

 

 

喜ぶ・デレ 給食、冷凍みかんが出ました!

今日のメニューは、五目ごはん・ツナの和え物・いんげんとじゃがいものみそ汁・冷凍みかん・牛乳でした。冷凍みかんと言えば思い出すのが、昔、汽車?電車?に乗って食べたことです。容器に入った温かいお茶もありました。おそらく保護者の皆さんは年齢がお若いので分からないと思いますが、お祖父ちゃん・お祖母ちゃんなら分かると思います?どうでもいい話ですね。今日は2年2組を訪問しました。相変わらずみんな元気モリモリでした!

   

記念日 からだのすばらしさについて学習しました。

1年生の保健の授業を参観しました。内容は「からだの発育と発達」についてでした。産まれたときの身長や体重がその後どのように変化していくかなど、からだの神秘さやすばらしさについて学習しました。また、この中学生期は心身共に伸びる時期であり、大切な時期であることも理解できました。先生の質問に対して活溌に意見が出され、授業全体がたいへんに盛り上がっていました。「命は一つ」これからも大切にしてくださいね!

 

会議・研修 保健室前の掲示物から

新型コロナウイルスの影響により、健康診断が例年に比べて遅くの実施でしたが、何とか全診断が終了しました。本校の養護教諭がその診断結果をまとめ、保健室前に掲示しました。視力・歯科・身体測定(身長・体重)・学校医からのコメントと分かりやすい内容であり、生徒たちも足を止めてじっくりと見ていました。視力の良いクラス・むし歯のないクラス共に、1年2組でした。たいへんにすばらしいですね。1年後・2年後の結果と比較してみてはいかがでしょうか?