岩中なう!

2020年7月の記事一覧

イベント 1学年集会より(夏休みを前に)

1年生の学年集会が開かれました。内容は1学期の反省と夏休みの生活の仕方、2学期の取り組みについてが中心でした。始めに1組代表の道山くんと2組代表の藤澤くんより1学期の反省と夏休みの生活についての発表がありました。発表する道山くんと藤澤くん・お話を聞く生徒たちと入学当時と比べて、大きく成長した様子が見られました。学年主任の伊藤先生より「すごいことや大きなことはやらなくてよい。毎日できる小さなことから実践してほしい。」というお話がありました。みんな1学期は頑張りましたね。充実した夏休みを送ってくださいね。

 

合格 高校の体験入学の事前指導が行われました。

1学期も明日が終業式です。夏休み中に実施されます「高校の体験入学」の事前指導が、各学校ごとに行われました。進路指導主事の善方先生より詳しく説明がされました。なお、詳細につきましては、配付されましたプリントをよくご覧ください。3年生諸君、いよいよ始まりますね。「夏を制するものを受験を制する」、この夏休みは短いですが、たいへんに重要な夏です。コロナや熱中症に負けずに頑張ろう!みんななら必ずできます!!

     

 

 

喜ぶ・デレ 今日の給食はコッペパンでした!

今日のメニューは、丸コッペパン・エビカツ・キャベツのサラダ・ハムとチンゲンサイのスープ・牛乳でした。毎週木曜日は、パンか麺類です。これもまた美味しいです。給食を食べながら「毎月のメニューを考える人はたいへんだろうな~」といつも思います。常に感謝の気持ちで、残さずに食べられるよう努力しましょうね。今日は3年1組を訪問させていただきました。いつも楽しそうでいいですね!

   

花丸 将来の「すかがわ人」をめざして!

須賀川が生んだ偉人、日本画家の須田珙中(スダ キョチュウ)、日本画家の角田磐谷(ツノダ バンコク)、洋風画家の亜欧堂田善(アオドウ  デンゼン)、東京五輪銅メダリストの円谷幸吉、女医の服部ケサ、安積疎水の先覚者の小林久敬(コバヤシ ヒサタカ )、特撮の神様の円谷英二の7名です。今回「すかがわ人(ビト)」という本が出版されました。これら偉人7名について詳細に書かれています。本校では3冊購入しましたので、今後総合的な学習の時間等で活用させていただく予定です。生徒の皆さんも将来の「すかがわ人」になれるよう、いろいろな分野で今から努力してくださいね。私も拝見させていただきましたが、たいへんにすばらしい本です!

汗・焦る 小雨のなか「特設駅伝部」頑張っています!

特設駅伝部の生徒たちは今日も頑張っていました。全体的に疲れがピークのようで、足が筋肉痛の生徒が多いようでした。しかし、弱音を吐かず、それぞれの目標達成のために一生懸命に走っている姿はとても清々しさを感じます。また、お忙しい時間帯に、生徒の送迎にご協力いただいておりますご家族の皆様には心より感謝申し上げます。いつもありがとうございます。

 

にっこり 校内授業研究会より/2年2組・道徳

2年2組では須田美雪先生の道徳が行われました。内容は「あきらめない気持ちで」(克己と強い意志)でした。病気で片手の機能を失ってしまったピアニストの生き方から考えを深めていきました。生徒からは活溌な意見が出され、そして、「中学2年生の今、何をすべきか。」「夢を叶えるためにどうしたらよいか。」を考えることができたすばらしい授業を提供いただきました。みなさん、今日の授業で考えたことをこれからも忘れないでくださいね!

     

 

 

グループ 校内授業研究会より/3年2組・理科

3年2組で理科の授業研究会が行われました。授業者は伊藤晴稔先生です。内容は「化学変化とイオン」です。発問や説明の仕方、実験への取り組み方などすべてにおいて、さすがベテランです。他の先生方も見習う部分が多くあったのではないかと思いました。しかし、伊藤先生のパワーはすごいです。生徒もとても集中力があり、真剣な態度でした。とても勉強になる良い授業を参観させていただきました

     

 

 

喜ぶ・デレ 給食、冷凍みかんが出ました!

今日のメニューは、五目ごはん・ツナの和え物・いんげんとじゃがいものみそ汁・冷凍みかん・牛乳でした。冷凍みかんと言えば思い出すのが、昔、汽車?電車?に乗って食べたことです。容器に入った温かいお茶もありました。おそらく保護者の皆さんは年齢がお若いので分からないと思いますが、お祖父ちゃん・お祖母ちゃんなら分かると思います?どうでもいい話ですね。今日は2年2組を訪問しました。相変わらずみんな元気モリモリでした!

   

記念日 からだのすばらしさについて学習しました。

1年生の保健の授業を参観しました。内容は「からだの発育と発達」についてでした。産まれたときの身長や体重がその後どのように変化していくかなど、からだの神秘さやすばらしさについて学習しました。また、この中学生期は心身共に伸びる時期であり、大切な時期であることも理解できました。先生の質問に対して活溌に意見が出され、授業全体がたいへんに盛り上がっていました。「命は一つ」これからも大切にしてくださいね!

 

会議・研修 保健室前の掲示物から

新型コロナウイルスの影響により、健康診断が例年に比べて遅くの実施でしたが、何とか全診断が終了しました。本校の養護教諭がその診断結果をまとめ、保健室前に掲示しました。視力・歯科・身体測定(身長・体重)・学校医からのコメントと分かりやすい内容であり、生徒たちも足を止めてじっくりと見ていました。視力の良いクラス・むし歯のないクラス共に、1年2組でした。たいへんにすばらしいですね。1年後・2年後の結果と比較してみてはいかがでしょうか?