こんなことがありました!

出来事

いよいよ明日は地区音楽祭です

 明日、矢吹町文化センターにおいて、岩瀬地区小・中学校音楽祭第1部(合唱)が行われます。本校特設合唱部も、今日は大会前最後の練習に励みました。今日の最後は、出勤していた先生方を前に、本番を想定して課題曲と自由曲の2曲を歌いました。先生方からは、拍手と励ましの声がたくさんかけられました。明日の合唱部の活躍が楽しみです。保護者や関係者の皆様の応援も、どうぞよろしくお願いいたします。

<明日のお知らせ>

会場 矢吹町文化センター(須賀川文化センター改修工事のため)

須一小出演時間 9:50から

地区音楽祭(合唱)に向けて

 8月21日(水)矢吹町文化センターにおいて、地区音楽祭(合唱の部)が開かれます。コンクールを明後日に控え、今日も合唱部の皆さんは練習に励んでいます。暑かった夏休み中も、ほぼ毎日練習を積み重ねてきました。その成果を、明後日は大いに発揮しましょう!

 そして、夏休みも残すところ今日を入れて3日となりました。早寝早起き、朝食をきちんと摂るなど、体調を整えて、8月22日(木)に元気に登校できるようにしてください。

 

 

第1学期終業式

 19日(金)、第1学期終業式がありました。新しい学年になり、4月よりも少し成長した子どもたちの姿がありました。校長先生から、1学期のふり返りの話があり、自分たちでできたことを自信もって答えることができました。

 また、終業式の中では、2人の代表児童が、「1学期の反省と夏休みの生活」という題での作文を発表しました。それぞれが自分の生活をふり返り、夏休みに希望をもって取り組もうとする様子が伺えました。

 式が終わってから、生徒指導の先生から夏休みの過ごし方についての話がありました。特に、最近増えてきている不審者等への対応についても確認しました。子どもたちがそれぞれ約束を守って、楽しい夏休みを過ごしてほしいです。

 保護者の皆様、1学期間大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

 子どもたちにもそれぞれ成長の跡が見えたのではないかと思います。楽しく、安全な夏休みを過ごし、2学期の始まりに元気に登校してくる子どもたちを心待ちにしております。では、楽しい夏休みをお過ごしください。

第5学年PTA親子活動

 6日土曜日に、5学年のPTA親子活動が行われました。今回は、福島県ダブルダッチ協会の皆様を講師にお迎えし、「親子でダブルダッチ教室」を開催しました。

 まずは、自分で素材を選んでの短なわづくりと見栄えのする跳び終わった後のポーズづくり。その後はダブルダッチの跳び方を教えていただきました。

 最後はプロのダブルダッチチーム「BEE WORKER」の3人による、ダブルダッチのパフォーマンスを見せていただきました。なかなか目にすることのないプロの技に、すっかり魅了されました。

 この活動がきっかけで、校内にダブルダッチの楽しさが広がっていくことでしょう。

須賀川を調べ隊

 

 6年生が、総合的な学習の時間「須賀川を調べ隊」の学習で、街中の「物語ボックス」や銅像などの見学に出かけました。自分達の学区内には、昔から伝わる物語が数多くあったこと、身近な場所に多くの偉人が住んでいたことなど、自分達の足で歩き、目で見て確かめました。

 知っているようで知らなかった自分達の地域を知ることで、また一つ、ふるさとが好きになったようでした。

1年 歯科指導「歯のおうさまをまもろう」

 6月28日(金)、歯科衛生士の中山愛子先生をゲストティーチャーとしてお招きし、1年生で「6才きゅうし」のみがき方を学習しました。

 「6才きゅうし」は、6~7才くらいに奥に生えてくる永久歯で、食べ物をかむときにとても大切な歯ですが、みがきにくいこともあり、たいへん虫歯になりやすい歯です。

 中山先生から、「6才きゅうし」をみがくときは、歯ブラシを横から入れてみがくこと、肘を高くしてみがくことを教えていただきました。また、むし歯を予防するには、歯みがきだけではなく、よく噛んで食べること、野菜もしっかり食べることも大切だと教えていただきました。

 他の学年の人も、しっかりみがいて、むし歯を予防しましょう。

須賀川市教育委員会計画訪問

 須賀川市教育委員会の計画訪問が行われました。教育委員会の方々に全学級の授業の様子を見ていただきました。子どもたちが真剣に学習に取り組んでいる様子、ペアやグループで課題解決に向かう姿など、たくさんの子どもたちのよさを見取っていただきました。その後、今後の授業改善に生かす貴重なお話しをたくさん伺うことができました。今回の訪問で学んだことを、明日からの授業に生かしていきます。

桜水音楽会

 22日、須賀川市文化センターにおいて、今年度の「桜水音楽会」が行われました。これまでの音楽科の学習で学んできた歌、鍵盤ハーモニカやリコーダーによる演奏、そして様々な楽器を使った合奏に、どの学年も精いっぱい取り組み、素敵な音をホール一杯に響かせました。また、特設合唱部やマーチングバンド部は、これまでの練習で積み重ねてきた歌声や演奏を大勢の方々に聴いていただくことができました。最後は全校生で「希望のうた~カワセミのように~」と「ふるさと」を合唱しました。市のマスコット「ボータン」も飛び入りで参加しました。来場された皆様からは、大きな拍手をいただきました。

 お忙しい中ご来場いただきました皆様、そして早くから会場準備や駐車場整理を行ってくださったPTA役員の皆様、本当にありがとうございました。

桜水音楽会に向けての全体練習

 今度の土曜日、22日は、須賀川市文化センターにおいて「桜水音楽会」が行われます。各学年とも、発表に向けて学習を積み重ねているところです。

 今日の昼休みは、全校児童が体育館に集まり、音楽会での全校合唱の練習を行いました。曲は「希望のうた ~カワセミのように~」と「ふるさと」です。1年生から6年生までのきれいな歌声が体育館中に響き渡りました。土曜日の音楽会がさらに楽しみになりました。

リコーダー講習会

 今週、3年生を対象に「リコーダー講習会」が行われました。リコーダー演奏のプロの先生が講師としていらっしゃいました。3年生にとっては、今年度初めて授業で手にするリコーダー。きれいな音が出せるコツをたくさん学びました。その成果が、22日の桜水音楽会で発揮されそうですね。

 

菜の花プロジェクト(2回目)

 6月13日、福島空港公園にて、5年生の菜の花プロジェクトの学習がありました。

 まず、菜の花から菜種を収穫する活動に取り組みました。種はいくつ、実の中に入っているか?など、考えながら作業に熱中していました。また、「ふるい」など、普段あまり使ったことのない道具も使いました。子どもたちも楽しんで学習している様子でした。

 室内では、菜種を搾って油を取り出す活動を行いました。100gの種から、油はだいたい20g前後取れるということで、子どもたちも使ったことのない機械で油を搾っていました。収穫の時に取れた種から、油は少ししかできないということが分かり、作業をする方の苦労も分かったようです。

 そして、油からロウソクを作る作業も行いました。油には固める薬品を入れ、短時間で固まるように作られていました。それぞれが思いを持ちながら、素敵なロウソクできたようです。

 子どもたちも、こうして作られた油が給食などに使われていることを改めて感じることができました。少しずつ、環境について考えることができるようになっているのではないでしょうか。

歯の作品入賞児童、優良児童を表彰しました。

 本日、6/7に行われた、岩瀬地区の歯と口の衛生週間に伴う作品の表彰で入賞した児童と、良い歯の優良児童を表彰しました。また、今年度の歯科検診で、1本もむし歯のない児童も表彰しました。

 本校は、今年度275人もの児童がむし歯のない児童でした。全校児童の57%になります。すばらしいですね。昨年度より85人も増えています。保護者の方々の深いご理解とご協力のおかげと感謝しております。

 反対に、むし歯がある人は、早めに治して、健康な歯と口を取り戻してください。また、むし歯予防のために、「みがけた」はみがきを行ってください。

 保護者のみなさま、お忙しいところとは思いますが、小さいお子さまについては、ぜひ「仕上げみがき」をお願いします。

 せっかくの機会です。歯と口の健康について、ご家族で考えてみませんか。

小学校体育専門アドバイザー来校

 今年度も、県内各地の小学校に「体育専門アドバイザー」が来校します。その県中地区の1回目が、第一小学校からスタートしました。

 2名のアドバイザーが、鉄棒やマットの動きのこつをわかりやすく教えてくださいました。また、昼休みには子どもたちと一緒に校庭で遊んだり、放課後には校庭のライン引きを手伝ってくださったりしました。

 子どもたちが「体を動かすことが楽しい!」と思えるようなアドバイスや言葉がけを行ってくださったアドバイザーのお二人。次回の来校もお待ちしています。

レガシーサルビア移植作業

東京2020オリンピックまで後1年と少し。その前の1964年東京オリンピックで、男子マラソン銅メダルを獲得した円谷幸吉選手は須賀川市の出身であり、我が第一小学校卒業の大先輩でもあります。

今日はふるさと学習の一環として、円谷幸吉選手の功績や偉業について学んでいる6年生が、サルビアの移植を行いました。これは、円谷選手のオリンピック出場を祝って「サルビアロード」を作ったことに関連し、「円谷幸吉・レガシーサルビアの会」の皆様が企画したものです。約400のプランターに、6年生が気持ちを込めながら一つ一つ移植を行いました。

大先輩の偉業に思いをはせながら、近づくオリンピックを楽しみにしている様子が伺えました。

 

救命救急法講習会

プール開きがまもなく行われます。プールでの学習を前に、須賀川消防署員の方を講師にお招きし、教職員と希望する保護者の方々を対象に、救命救急法講習会が行われました。心肺蘇生の手順やAEDの使い方などを学び、いざ、という時に備えることができました。今回学んだことが起こらないことが一番ですが、万が一の時に対処できるよう、常日頃から備えていきたいと考えております。

安全な下校のために

 

 昨日、神奈川県内で発生した痛ましい殺傷事件を受け、本日学校でも、以下の点について指導を行いました。

・ 可能な場所まで複数で下校

・ 合い言葉「いかのおすし」の再確認 

 いかない、乗らない、大声で助けを呼ぶ、すぐ逃げる、知らせる

 特に不審者、不審な物や車からは「すぐ逃げる」ことの徹底

また、子どもたちの安全への意識がこれまで以上に高まるよう、ご家庭でも、安全な登下校の仕方や交通事故防止について繰り返しお話しくださるようお願いいたします。

さらに本日は、子どもたちの下校時刻に合わせて、須賀川警察署のおまわりさんが校門前で見守りをしてくださいました。保護者や地域の皆様もぜひ、子どもたちの下校する時間帯に合わせて庭の手入れや水やり、犬の散歩などを行う「ながら見守り」を行っていただければ幸いです。

令和元年度 須賀川第一小学校 運動会

 晴天に恵まれ、5月18日(土)、運動会が行われました。晴れ空の元、子どもたちはそれぞれ自分の競技に夢中になって取り組んでいました。

 初めての運動会だった1年生。

 去年より、ちょっぴり大人になった2年生。

 中学年のスタート、3年生。

 元気いっぱい、4年生。

 今年は係も頑張る、5年生。

 

 みんなのリーダー、6年生。

 それぞれが、思いを乗せて、運動会に参加しました。PTAの皆様のご協力もあって、子どもたちは楽しく運動会を過ごすことができたのではないでしょうか。

 

 

 

 今年度の運動会、いかがだったでしょうか。

児童会全体集会がありました!

 5月9日、5・6年生による児童会全体集会が行われました。4月に組織作りをした児童会各委員会の年間の活動計画の発表や、質疑応答などが行われました。学校をよりよくしようとするために、5・6年生が協力して行う活動内容の発表でした。質疑応答では、質問だけでなく、要望や意見なども発表されました。自分たちが生活する学校で、こんなことがあるといい、こうしてもらえると助かる、など、実感を伴った意見発表でした。今後1年間、素晴らしい委員会活動になっていくといいですね。