こんなことがありました!

2017年2月の記事一覧

児童会全体集会


 児童会全体集会が行われ、各委員会の委員長が活動の報告や、課題、反省点などを報告しました。来年度から委員会活動を行う4年生も参加し、どのような活動が行われているのか真剣に話を聞きました。また、5,6年生も自分が入っている委員会以外の活動に目を向け、意見や要望を出し、来年度の委員会活動をより良いものにしようと集会を進めました。
  

6年生を送る会

 4、5年生の実行委員会が中心となって計画した「6年生を送る会」を行いました。各学年からの心のこもったアトラクションに6年生も一緒に踊ったり、手拍子をしたりととても温かい雰囲気の会となりました。残りの1ヶ月、6年生との楽しい思い出をさらに増やせるといいですね。
         

謝恩会招待


 6年生が日ごろお世話になった方々に感謝の気持ちを伝えるために謝恩会を開きます。その会に先生や地域の方を招待しました。お世話になった気持ちを伝えるために謝恩会に向けて練習など頑張っているようです。会が楽しみですね。
 

オリーブの木来校


 2月21日(火)に、認定こども園オリーブの木から来年度入学予定の子どもたちが本校に来校しました。あと2ヶ月で入学する一小の校舎を見学したり、どんな授業が行われているのかを見学し、来年度の入学に心躍らせました。今日の見学で小学校生活への期待が膨らんでくれるといいですね。
 

5年生の鼓笛練習

 私たち5年生は、2/24(金)に行われる「6年生を送る会」で披露するために、鼓笛の練習を頑張っています。6年生には、総合の時間だけでなく、休み時間も教えてもらいました。初めは全然そろわなかった演奏も、指揮に合わせて演奏できるようになってきました。送る会では、6年生に感謝の気持ちを伝えられるような演奏を披露したいです。

読み聞かせ「葉っぱのフレディ~いのちの旅~」

 今年度も読み聞かせボランティア「コロポックル」さんの、6年生への読み聞かせ「葉っぱのフレディ」が上演されました。
 大きな白いボードに一本の大きな幹。フレディとその友達が、季節の移り変わりを感じながら、いのちの終わりを迎えていくお話です。
 楽しい季節が過ぎ、秋を迎え、冬がやってきます。友だちも木から離れ、風に吹かれ散っていく様子を見て、フレディは死ぬことが怖くなります。最後まで一緒に残っていたダニエルの「”いのち”は永遠に生きているのだよ。」との言葉を、木から落ちた時に見えた木の姿から、フレディは”いのち”はこれからも生き続けることを確信し、生涯を閉じます。
 さて、6年生の皆さんは、どんな思いをもったでしょう。
 思いをのせた葉っぱが、図書室の大きな木に生い茂る予定です。
   

英語で「桃太郎」を演じます!

 6年生の各クラスでは、2年間の外国語活動のまとめとして、オール英語での「桃太郎」の劇の練習をしています。ALTのレイチェル先生の指導の下、「Lets go to Onigasima.」など身振り手振りを加えながら真剣に、楽しく劇の練習に取り組んでいます。
   

大黒摩季さん来校!!

 2月15日(水)本日、歌手の大黒摩季さんが第一小学校に来校されました。大黒摩季さんは、本校の創立140周年記念事業・震災復興応援ソング「希望の歌~カワセミのように~」をNAOTOさんと一緒につくっていただいた方です。昨年9月に「須一小を訪れたときの子どもたちの言葉を覚えている。今は体調が良くないが、復活したら須賀川へ必ずもう一度行きたい。」というメッセージを送ってくださいました。そのメッセージを実現する形で今回の来校となりました。体育館で全校児童の「希望の歌」を聞いて、大変感動し、子どもたちへのメッセージをいただきました。お忙しい中、ご来校いただきましてありがとうございました。