こんなことがありました!

出来事

ムシテックワールドで楽しく活動してきました

 6月21日(金)、なかよし学級の子どもたちが、ムシテックワールドで行われた須賀川市愛護育成会主催の校外学習に参加し、楽しい一日を過ごしてきました。

 ムシテックワールドでは、3つの体験活動(紙とんぼ作り、寒剤でシャーベット作り、サイエンスショー)を行いました。また、交流会(名刺交換会)では、中学生とも積極的に交流してきました。

校外学習に出かけました

 2年生は生活科のまちたんけんへ、4・5年生はキッズシアターへと、それぞれ校外学習に出かけ、有意義な体験をしてきました。

 2年生は、身近な地域の探検を行いました。七ツ石公園や郵便局、商店、お寺など、自分たちの住む地域にある施設を見学して生き物や自然に触れたり、施設の様子や働く人たちの工夫を調べたりしながら生活科の学習に生かしていました。また、4・5年生は、須賀川市文化センターで行われたキッズシアターに参加しました。今回は宮沢賢治の作品「セロ弾きのゴーシュ」を市内の4・5年生と一緒に鑑賞しました。いずれの学年の子どもたちも満足した表情で帰校し、友達と楽しげに活動を振り返っていました。

白方郵便局での様子矢部商店での様子満願寺での様子

 

岩瀬地域授業研究会を行いました

 6月14日(金)、今年度初めての岩瀬地域授業研究会を本校を会場に、須賀川市学校教育アドバイザーの村瀬公胤先生を講師としてお招きして実施しました。参観授業は次の3つです。

 〇第1学年 生活科『きれいにさいてね』

 〇第4学年 算数科『わり算の筆算(1)』

 〇第5学年 社会科『米作りのさかんな地域』

第1学年 生活科 第4学年 算数科第5学年 社会科

 

 

 

 

 

 

どの授業も、子どもたちが課題解決に向けて真剣に考え活動する姿が見られました。

 また、授業研究会の後、学力向上部会・交流部会・生徒指導保健部会も開催し、今年度の取組について確認や意見交換を行い、無事閉会しました。

福島県学校歯科保健優良校表彰で優秀賞受賞

 6月6日(木)、福島市の福島県歯科医師会館において「令和元年度福島県学校歯科保健優良校表彰式」が行われ、本校が『優秀賞』を受賞しました。昭和47年度から今年度で連続48回目の受賞となり、歴史の重みを感じる表彰式でした。ここに至るまでの子どもたちの取り組みや保護者の皆様のご支援・ご協力、そして学校歯科医様をはじめとする関係機関の皆様のお力添えに心より感謝申し上げます。

お話会を開催しました

 6月5日(水)、岩瀬図書館の皆様にお世話になり、今年度第1回目の「お話会」を開催しました。絵本の読み聞かせや言葉遊び、ペープサートなど、趣向を凝らしたお話が繰り広げられ、子どもたちはお話の世界に引き込まれていました。プログラムは次の通りです。

1いろのかけらのしま(絵本) 2おばあさんとぶた(おはなし) 3ラーメンタンメン(言葉遊び)

4サリーのこけももつみ(絵本) 5ずいとんさん(ペープサート)


 

鑑賞教室を行いました

 5月31日(金)、演劇の鑑賞教室を行いました。劇団民話芸術座のみなさんによる『雨ふり小僧』(原作:手塚治虫 氏)という演劇でした。

 鑑賞教室は1部の演劇教室と2部の本編公演の2本立てで、1部では5・6年生の代表児童が劇を紹介しました。また、2部の本編公演にも5年生の代表が出演し、台詞や演技を熱演しました。全校生で楽しいひとときを過ごしました。

第48回交通安全鼓笛パレードに参加しました

 5月22日(水)、4~6年生が交通安全鼓笛パレードに参加し、鼓笛演奏を市民の方々に披露しました。沿道の人の多さにビックリして少し緊張もしましたが、堂々と行進をしながら最後まで立派な演奏を行うことができました。

運動会ありがとうございました

 5月18日(土)、好天に恵まれ運動会を行うことができました。多数のご来賓の皆様、保護者の皆様、地域の皆様にお越しいただき、子どもたちも張り切って演技を行いました。結果は、283対228で紅組の3連覇となりましたが、甲乙付けがたい好勝負が続き、大いに盛り上がりました。皆様ありがとうございました。

運動会ミニ予行を行いました

 午前中に運動会のミニ予行を行いました。子どもたちは各種目に一生懸命取り組んでいました。また、係の子どもたちは、当日を想定しながら一つ一つ動きを確認していました。18日の運動会が楽しみです。ぜひたくさんの皆様にご来校いただき、子どもたちへの応援をお願いできればと思います。

防犯訓練 いかのおすし

5月10日、須賀川警察署の方々をお招きして防犯訓練を行いました。子どもたちは、不審者から身を守るため、指示をよく聞き無言で避難するなど、真剣な面持ちで臨んでいました。また、アドリブの効いた劇を見せていただき、「いかのおすし(いかない、らない、おごえで叫ぶ、ぐ逃げる、らせる)」の大切さを実感していました。