こんなことがありました!

2018年1月の記事一覧

白江小学校と合同の「陸上教室」を行いました

 今日は、福島大学トラッククラブコーチの菊田明博先生をお迎えして、本校体育館で白江小。白方小合同の「陸上教室」を行いました。白方小からは4年生と5年生全員が参加しました。
 菊田先生は、跳び縄を使った運動やなわとび運動の方法、ハードルの基礎などについて、テンポよく教えてくださいました。
 同じ目的で同じ内容を学ぶ白江小・白方小の子供達の交流も深まりました。運動能力の向上ということだけではなく、小中一貫教育につながる「小・小連携」の事業としても、意義のあるものとなりました。

5年生がFCTの見学に出かけました

 今日は、5年生が研修バスで郡山市にある福島中央テレビ(FCT)の見学に出かけました。これは、社会科「情報産業とわたしたちのくらし」の学習の一環です。
 FCTの皆様、お忙しい中たいへんありがとうございました。

本校「いじめ防止基本方針」の改定について

 昨年1月に市内の中学生が自宅において自死するという事案につきまして、「市いじめ問題専門委員会」は、昨年12月に「いじめが自死を選択した大きな一因である」との調査結果を公表しました。この痛ましい事案の再発防止のため、市教育委員会の指導のもと、市内全ての小・中学校において「いじめ防止基本方針」の見直しを行うこととなり、本校でも全職員の参画により、改定作業を進めています。
 改定に際しましては、その「案」を保護者の皆様や学校評議員に御覧いただいた上で広く御意見をいただくこととされています。そこで、まずは本校の改定の方針や見直しの具体的な視点、スケジュール等を以下にお示しいたします。これに則り、今後の改定を進めてまいりますので、どうぞ御協力をお願いいたします。

本校のいじめ防止基本方針の改定について.pdf

大雪でも元気です-2「運動部なわとび発表会」

 今日も白方は晴れたり雪が降ったりの不安定な天候でした。
 朝は、新たに20㎝くらいの積雪がありましたが、インフルエンザによる出席停止の児童の他には休みがなく、みんな元気に登校してくれました。
 今日の昼休みには、特設運動部による「なわとび発表会」を体育館で行いました。今日の発表会に向けて練習してきたいろいろな飛び方を、全校生に見せてくれました。
 運動部のメンバーにとっても、発表会を見て驚いたり憧れを持ったりした児童にとっても、すばらしい企画でした。白方小では、なわとびの練習がもっと盛り上がることと思います。

大雪でも元気です!!

 昨日から降り続いた雪は明け方には止んだようですが、今朝の白方の積雪は約40㎝ほどになりました。そんな雪の朝でも、子供達が元気に登校してくれたのが何よりうれしいことです。自家用車で送ってくださった保護者の皆様には、駐車場の除雪が行き届かず、ご不便をおかけいたしました。
 そんな大雪でも、子供達は元気です。休み時間になるのを待ちかねたように校庭に出て、雪合戦やそりすべりをする姿が見られました。
 インフルエンザで休んでいる児童は現在3名ですが、今のところインフルエンザによる新たな欠席はありません。「うがいと手洗い」「全員マスク」「元気に遊んで、しっかり食べて、きちんと眠る」。子供達には、学校でも家庭でもこれらのことを続けることで、元気にこの冬を過ごしてほしいと願っています。

1年生が初めてのPCの学習をしました

 本校では、特別非常勤講師として、毎年コンピューターの専門家である森正先生においでいただいて、子供達にコンピューターを使った学習の指導をしていただいています。
 今日は、1年生が入学以来初めてのコンピューターを使った学習に取り組みました。静かに森先生の説明を聞くことができたので、覚えるのも早かったようです。
 1年生はあと2時間御指導をいただいて、「お店やさんごっこ」で使うカードを作ります。

インフルエンザ流行の兆し

 昨日、教育委員会から「今週に入り、本市においても出席停止者が急激に増加し、本日(1月16日)の出席停止者が100名を超える状況にある」という通知が入りました。
 これに基づき、本校でも昨日、児童に対してインフルエンザの予防と罹患した際の注意点について指導を行いました。
 また、これに伴い、本日から、うがいと手洗いの一層の励行に加えて、かぜ様症状の有無にかかわらず、しばらくの間、児童および職員全員がマスクをして過ごすことにしました。昨日の3年生の校外学習の際も、全員がマスクをして出かけています。お手数をおかけしますが、ランドセルや机の中に多めにマスクを準備していただきますようお願いいたします。
 なお、マスクを忘れた場合や手持ちのものなくなった場合などは、学校のものをつけさせるようにいたします。

6年生卒業プロジェクト「全校生と給食を食べたい」

 昨日15日から、「給食交流会」を行っています。
 これは、給食の時間に6年生が一班ずつ下級生の教室に行き、そのクラスでいっしょに給食を食べるという取組で、入った6年生と同じ人数の下級生は、6年生の教室で給食を食べることになります。
 今年が初めての取組ですが、6年生が卒業に向けて「全校生と給食を食べたい」という希望を持っていたことと、2学期末の教育活動反省会で出された「正しい給食の配膳・片付けのしかたや食べ方、歯みがきのしかたなどをしっかり身に付けさせたい」という職員の反省点が一致して実現したものです。
 今日は6年生の2班(5名)が1年生教室に行きました。その分、1年生5名は6年生教室でいっしょに給食を食べました。
「給食交流会」は、6年生が本当に全校児童と給食を食べ終えるまで続きます。