こんなことがありました!

2020年11月の記事一覧

感染症から身を守ろう

 11/26(木)の小塩江タイムは、全校集会でした。

 今回は、養護教諭による保健指導でした。映像を交えながらクイズを行い、正しい手洗いやマスクの付け方を学びました。映像には先生方が登場し、会場は笑い声につつまれました。

 児童のみなさん、先生方がやっていた悪い見本は、絶対に真似しないでくださいね。

 

授業研究会~3・4年の道徳から~

 11/25(水)の5校時に3・4年教室で道徳の授業研究会がありました。

 今回は、中学校の先生方にも授業を参観していただき、小中合同研究会として行われました。

 授業が始まると児童からたくさんのつぶやきが聞こえ、和やかな雰囲気の中で授業が進んでいきました。

 一人一人が自分の思ったことを素直に表現し、「ごみを捨てるのか持ち帰るのか。」ということを真剣に考えることができました。

 

 

 

 

デンソー福島・コミュタン福島に行ってきました~5・6年~

 11/19(木)に5・6年生が校外学習に行ってきました。

 社会科の学習との関連で訪問したデンソー福島では、自動車用エアコンが生産されている様子を熱心に見学していました。また、先進的な環境・省エネルギー技術に取り組んだり、環境保全活動にも力を注いだりしていることが分かりました。

 コミュタン福島でも、震災後のふくしまについて学び、環境創造シアターを見ながら改めて福島の魅力を知ることができました。

 限られた時間の中で、教科書では学べない貴重な体験をすることができたようです。

 

甲状腺出前講座~5・6年~

 11/17(火)の5校時に甲状腺出前講座がありました。

 県立医科大学より4名の方にお越しいただき、映像等を交えながら楽しく授業をしていただきました。

 「どうして甲状腺検査をするのか?」という話題に始まり、甲状腺を調べることのメリットやデメリットを分かりやすく説明していただきました。また、臨床検査技師の話などもあり、キャリア教育にもつながるとてもよい授業でした。

 話の途中で、超音波(エコー)を使ったクイズも行われ、子どもたちは意欲的に参加することができたようです。

 

体力向上タイムは続いています

 持久走記録会は11月上旬に終わりましたが、体力向上タイムの時間に児童が校庭を元気よく走っていました。

 マラソンカードの活用も図られており、2枚目に突入した児童もたくさんいるようです。

 短い時間ではありますが、スピーカーから流れる音楽に合わせて、1年生から6年生まで仲良く楽しく走る姿がとてもすがすがしいです。

 

 

持久走記録会記録賞の贈呈式

 11/13(金)の給食の時間、ランチルームで持久走記録会記録賞の贈呈式がありました。

 今回は、健康委員会の児童が進行と贈呈役を務め、代表児童に手渡されました。

 代表児童は照れくさそうでしたが、健康委員会の児童に賞状を読んでもらうとにこやかな表情で立派に賞状を受け取りました。

 なお、代表児童以外の記録賞は、各教室で手渡されました。

 

 

 

 

 

 

キッズサッカーがありました

 11/12(木)に福島県サッカー協会キッズ委員会が主催する「JFAキッズプログラム」巡回指導が2・3・4校時目にありました。

 ビアンコーネ福島の山田コーチと大森コーチにお越しいただき、サッカーの基礎となる動きや楽しいゲームを教えていただきました。

 児童からは、時折、「難しいなあ。」と言った声も聞こえましたが、あきらめずに一生懸命チャレンジすることができました。

 45分の限られた時間の中でたくさん運動をすることができ、授業が終わる時には、子どもたちの満足した表情がたくさん見られました。

 

 

須賀川市愛護育成会「作品展」に向けて

 現在、わかば学級では、11月28日(土)~29日(日)に開かれる須賀川市愛護育成会「作品展」に出品する作品制作をしています。

 絵画・書写・共同作品などを出品する予定です。子どもたちは、生活単元の時間に作品作りに取り組み、個性豊かな作品を作っています。

 本日、お知らせを配布しましたが、お時間があればぜひ須賀川市牡丹会館まで足を運んでいただき、ご覧いただければと思います。

 11月の学級掲示より

 

幼小合同避難訓練

 11/10(火)に幼小合同避難訓練がありました。

 はじめに地震発生の放送が流れ、児童はすばやく机の下にもぐりこみました。

 その直後、理科室からの出火という想定で放送があり、いつもと違うルートで校庭に避難しました。児童は、「お・か・し・も」の約束を守って、すみやかに避難しました。

 全体会では、消防署の方から「しゃべり声がなく、たいへん上手な避難でした。」と、お褒めの言葉をいただきました。

 全体会の後半には、放水訓練の様子が見られ、消火栓のホースが30m近く伸びることや放水の距離が7~8mに達することに児童は驚きの声をあげていました。

 今回の避難訓練を通して、児童はいざという時に落ち着いて行動することの大切さを知ることができたようです。

 なお、避難訓練終了後、5・6年生が昇降口の掃除をしてくれました。ありがとうございました。

朝食について見直そう週間~健康委員会の発表~

 11/9(月)~11/13(金)まで朝食を見直そう週間があります。それに伴い、給食の時間に健康委員会の児童が、「朝ごはんの大切さ」についてお話をしました。

 11/6(金)は、クイズ形式で行われました。「脳のエネルギーになる大事な糖分は?」という問いかけに、ほとんどの児童が「ブドウ糖」と答え、正解していました。

 11/9(月)は、朝ごはんにおすすめの食材について紹介がありました。「お米・たまご・くだもの」は、体にとてもよいそうです。また、汁物や野菜をとることも大切であることを教えてくれました。

 健康委員会のみなさん、朝ごはんを見直すきっかけを作ってくれて、ありがとうございました。