こんなことがありました!

2017年1月の記事一覧

学校給食週間4

学校給食週間第4弾 最終日は「福島県」です。
今日のメニューは、減量コッペパン・牛乳・浪江焼きそば・大根サラダ・ジョアです。
B級グルメでグランプリをとった「浪江焼きそば」です。太めの麺、濃厚なソースが特徴です。



今日は、どんなサプライズができるかな?と考えた調理員さん。なんと焼きそばに♡のニンジンが入っています。
お話を聞くと、福島県の「郷土愛」を意識して♡を入れたそうです。
まだまだ復興なかばの福島県です。福島をもっと元気にしていきましょう。
♡のニンジンは別ゆでにして、提供直前にクラス毎に配食するという心配りでした。
たくさんの愛情を感じて、子どもたちは今日も完食です。

学校給食週間3

学校給食週間第3弾は「青森県」です。
メニューは、麦ごはん・牛乳・せんべい汁・十和田バラ焼き・りんごです。
今日も調理員さんより一言いただきました。
今日は、
「十和田バラ焼き」には甜麺醤(テンメンジャン)が隠し味として入っていることを教えて頂きました。
コチュジャンがベースの味ですが、幼稚園のみなさんも一緒に食べるために、まろやかな味にするために甜麺醤が入りました。
幼稚園だけじゃなく、小学生もとても喜んで食べていました。

「せんべい汁」には、今日はスペイド♤のニンジンが入り、いっそう楽しく食べることができました。
青森と言えば
「りんご」です。今日もすてきな「うさぎさん」が彩りを添えてくれました。
毎日たくさんの工夫をして給食を作ってくれる調理員さん
「ありがとうございます」
今日もお残しはありません。

3年生 100年前に タイムスリップ!

 
 3年生9名が、社会科「古い道具と昔のくらし」の学習で、長沼支所にある「くらしの民具
展示室」と「歴史民俗資料館」に見学に行ってきました。研修バスに揺られること40分、少
しずつ雪の量も増えていく様子に
「長沼って、遠いんだね・・・。」と子どもたち。東の端から
西の端への移動を実体験し、1学期に学習した須賀川の地図を思い出しました。

 「くらしの民具展示室」に着くと、見慣れない道具に興味津々。解説員の方からお話を聞
いた後、囲炉裏に座ったり、ご飯を炊く道具を探したりしました。
                ≪農機具に見入る2人≫  
      
   
    

  その後、「民俗資料館」に場所を移して、米作りに使ったものや長沼で作っていた焼き物
や織物など貴重ものをたくさん見せていただきました。最後に解説員の方の「素材やエネル
ギー原は違っても、目的や役割りが同じ道具(=私たちにとって使いやすいもの)は今も使わ
れ続けています。」というお話に、100年という時間が一気に近づき身近に感じられました。

       ≪茶碗や箸もあるよ≫            ≪長沼焼きのきれいなお皿≫
       

学校給食週間2

学校給食週間第2弾は「群馬県」がテーマです。
メニューは、減量コッペパン・りんごジャム・牛乳・おきりこみ・こんにゃく炒めです。
今日も調理員さんからお話しを聞くことができました。
はじめに「こんにゃく」についてのお話しです。
こんにゃくには味がしみ込みにくいということで、切り目がたくさん入っていることを確認しました。
「かくし包丁」という言葉も一緒に知りました。
「お切り込み」とはうどんを作ったらおおざっぱに切って鍋に入れて煮ることからその名がついたそうです。
さらに、群馬県では「お・切り込み」はうどんのことですが、小塩江近辺では塩辛のことを「きりこみ」といいます、何か関係があるのでしょうか。
今日も大根と人参のお花がすてきでした。お残しはありません。ごちそうさまです。

学校給食週間1

学校給食週間第1弾のメニューは「北海道」です。
麦ごはん・道産子汁・ザンギ・白菜のゴマ和えです。
メニューの紹介に合わせて、調理員さんより、今日は「ザンギ」についてお話しを聞きました。
「ザンギ」は北海道版鶏の唐揚げで、普通の唐揚げは片栗粉をまぶして油で揚げるのですが、
ザンギは衣に卵を使用し、しっかり味をつけて揚げる料理だということを知りました。
毎日給食のお残しがほとんどありませんが、今日も柔らかくおいしい鶏肉をきれいに食べることができました。
道産子汁に入っていた「ニラ」もおいしく食べてかぜ予防!!

今回の読み聞かせは・・・

今日は、図書委員会のメンバーとボランティアの児童で、幼稚園の子どもたちに読み聞かせをしてきました。
小学校からは19名の児童が幼稚園に向かい、迎えてくれた幼稚園の園児は全員で19名。なんと、マンツーマンでの読み聞かせになりました。
園児の皆さんは、自分が読んでほしい本を決めて待っていました。
20分という限られた時間ではありましたが、2冊、3冊も読んでもらっていた子もいました。
ボランティアで参加してくれた児童の皆さんもとても上手に読み聞かせをしていました。
どの子もとても満足そうに見えました。年長さん、小学校も楽しいところです。待ってまーす。

食育の日の献立「和食」

給食では、毎月「食育の日」が設定されています。
今月は19日。メニューは、麦ごはん・さばのみそ煮・ほうれん草の山吹和え・凍み豆腐のみそ汁・牛乳です。
和食離れが心配される昨今ですが、小塩江の子どもたちは今日のメニューをとてもよろこんでいました。
「さばのみそ煮、もっと食べたい」という1年生の声もありました。



20日(金)は、久しぶりにALTの学習がありました。
毎回給食をおいしく食べてくれるレイチェル先生です。今日のメニューはポークビーンズでした。
一緒に食べていた3年生に、「豆は英語で何というのですか」と聞かれ、
「ビーンズ」とネイティブな英語で教えてくれました。
ありがとうございます。
校長先生もランチルームでランチです。今日は4年生と楽しく食べています。

  

書きそんじはがきボランティア


 1月16日から20日まで、運営委員会が中心になって書きそんじはがきの回収を行っています。集まったはがきは、ユネスコ協会に届けて、世界の学校へ行けない子どもたちのために役立ててもらいます。子どもたちの協力のおかげで、たくさん集まっています。

  

6年生が筝に挑戦しました!


 本時、講師の先生(生田流正絃社の指導者)をお迎えして、6年生が音楽の「私たちの国の音楽」の学習で、筝に挑戦しました。
 多くの児童は筝の実物を見るのが初めてでしたので、まずは、筝の各部の名称を教えていただきました。筝は中国の楽器で、楽器を龍に見立てていることから、龍頭・龍角・龍尾など名称にも龍の文字がたくさん入っていました



 その後、爪のつけ方を教えていただき「さくらさくら」の練習に入りました。初めは指の動かし方がぎこちなく弱々しい音しか出せませんでしたが、練習を重ねるうちに雅な音色が音楽室中に広がりました。何とか最後まで演奏できるようになったところで、グループごとに発表をしました。

 最後に、先生の素晴らしい演奏を聴きましたが、その技術の高さに子どもたちは「すごい!」を連発していました。実り多い活動でした 

お楽しみ集会表彰式

昨日のお楽しみ集会の表彰式が、ランチルームで行われました。
それぞれのゲームで、3位・2位はその場で全校生の拍手を頂きました。
1位に輝いた人は、運営委員会より、すてきな金メダルを授与されました。
どの顔もとても誇らしげでした。