こんなことがありました

出来事

学校 学園だより「稲雲第22号」

 学園だより「稲雲第22号」を本日配付いたしました。

 主な内容は、4年生の2分の1成人式、なわとび記録会、特設陸上部の練習開始、ユネスコ世界平和作文などについて掲載しています。また、今回の『ことばのちから』では、「授かりもの」ではなく「預かりもの」というお話を取り上げました。保護者の皆様からご意見などいただければ幸いです。

 「稲雲第22号」はこちらをクリック ⇒ とううん第22号.pdf

 

0

9年生の合唱が学校中に響いています!

中学校の卒業式まで残り3週間を切りました。

間近に迫った県立高校前期選抜に向けて学習を真剣にがんばっている9年生ですが、朝自習の時間、昼休み(8年生も一緒にがんばっています!)は卒業式に向けた合唱練習を熱心に行っています。9年生らしく、とてもきれいなハーモニーが学校中に響いています。

3月12日(金)は、参加するすべての人が感動する卒業式を全員でつくってくれることを期待しています。

  

 

0

6年生に部活動紹介を行っています

22日(月)、8年生のバドミントン部の代表生徒が6年教室で部活動紹介を行いました。

6年生の部活動については、1月に体験入部、2月から早期入部の予定でしたが、新型コロナ感染症対策のため、3月8日(月)、9日(火)の体験入部のみを実施します。

そのため、朝自習の時間、6年教室で各部活動8年生の代表生徒が、練習内容等について説明する時間を設定しました。22日(月)のバドミントン部の代表生徒は、普段の活動の様子を動画で放送しながら、熱心に練習する姿を説明していました。

今後も朝自習の時間、6年生に部活動紹介が行われます。

 

 

0

学年懇談会を実施しました

19日(金)、各学年で学年懇談会を実施しました。

今年度はコロナ禍により懇談会を持つことができなかったため、最初で最後の学年懇談会となりました。子どもたちの学校生活の様子について話し合ったり、次年度の行事等を確認したりするなど、短い時間ではありましたが充実した懇談会となりました。

残雪で足元の悪い中、たくさんの保護者の方においでいただきました。ありがとうございました。

 

 

 

0

特設陸上部の朝練習がスタートしました!

22日(月)、特設陸上部が朝練習をスタートしました。

初日は、7、8年生20名で体育館において練習を行いました。4月からは新7年生も練習に参加する予定です。

5月12日(水)に開催される中体連支部陸上大会に向けてがんばってほしいと思います。

  

0

2分の1成人式を実施しました(4年生)

19日(金)、4年生が2分の1成人式を実施しました。前期ブロック(1~4年生)修了に際しての節目の儀式となりました。

子どもたちは、クイズや合奏、10歳の宣言、お手紙などで10年間を振り返りながら、保護者の皆様への感謝の気持ちや、これからの目標や夢に向かってがんばりたいことなどを堂々と発表しました。

保護者の皆様におかれましては、お忙しい中参観していただきありがとうございました。

  

 

 

0

ユネスコ世界平和作文コンクールで最高賞をいただきました!

第36回ユネスコ世界平和作文コンクールの結果が発表され、小学校の部、中学校の部の両方において最高賞である「日本ユネスコ協会連盟会長賞」を稲田学園の5年生男子、9年生女子が受賞しました!また、中学校の部において、「学校賞」も受賞しました!

「日本ユネスコ協会連盟会長賞」を受賞した二人の作文は、ウルトラFMで紹介されます。二人は音読を何度も練習して、録音に臨みました。ぜひ、みなさんに二人の作文を聴いていただきたいと思います。

 

〇須賀川地域コミュニティFM(ウルトラFM) ※周波数は86.8MHz

放送日時は以下のとおりです。

① 3/1(月)17:30~17:40

② 3/8(月)11:30~11:40

③ 3/15(月)17:30~17:40

④ 3/22(月)11:30~11:40

⑤ 3/29(月)17:30~17:40

0

ウルトラFMで学校紹介を録音しました!

18日(木)、ウルトラFMの担当の方に来校していただき、稲田学園の学校紹介を録音しました。

児童生徒会役員10名が「稲田学園の紹介や特色、自慢など」「9年間の一体感」「4月からの義務教育学校開校に向けて」などについて何度も練習しながらしっかり稲田学園の良さを紹介しました。

録音した学校紹介は、須賀川地域コミュニティFM(ウルトラFM)で3月6日(土)から3回放送されます。ぜひ聴いていただきたいと思います!

 

〇須賀川地域コミュニティFM(ウルトラFM) ※周波数は86.8MHz

放送日時は以下のとおりです。

① 3/6(土)11:30~11:40

② 3/13(土)11:30~11:40

③ 3/20(土)11:30~11:40

 

0

新型コロナウイルス感染防止策へのご協力について(お願い)

須賀川市教育委員会より保護者の皆様へ新型コロナウイルス感染防止策へのご協力について依頼がありました。本日、文書でも児童生徒に配付しましたのでご確認願います。                    

 

                            令和3年2月19日
保護者 様
                     須賀川市教育委員会教育長 森合義衛
  新型コロナウイルス感染防止策へのご協力について(お願い)


 日頃より、本市小・中学校における新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた取り組みにご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
 さて、福島県新型コロナウイルス感染症対策本部員会議において、2月14日(日)で緊急対策期間を終了することが示されました。主たる生活圏(須賀川市、郡山市、鏡石町、天栄村)の「新規陽性者数」も1月中旬をピークとして継続的に減少しております。今後の教育活動につきましては、感染状況を注視しながら可能な限りの感染対策を講じて進めてまいります。
 また、部活動及び特設活動につきましては、2月8日(月)より、校内での活動を徐々に再開しておりますが、練習試合等の校外活動は3月12日(金)まで引き続き停止いたします。
 なお、現在、同居家族に風邪症状が見られる場合にもお子さんの登校を控えるようお願いしたことについては、2月19日(金)までの措置といたしますが、引き続き、お子さんの体調管理に気を付けていただき、本人に発熱等の風邪症状がある場合には、登校させないようお願いいたします。
 今後も、学校におきましては、より一層の注意喚起を行うとともに、引き続き、感染防止策を講じながら教育活動を実施してまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

0

第1回卒業式(中学校)全体練習(7~9年生)

18日(木)、5、6校時に卒業式(中学校)全体練習を行いました。

第1回目の今回は、卒業式の意義や目的、式の流れを確認した後、座礼や立礼の練習、卒業証書授与、入退場の練習などを行いました。7~9年生はよい緊張感をもって、真剣に練習に取り組んでいました。

9年生は卒業式までの登校日は残すところ14日です。残りの一日一日を大切に過ごし、全員ですばらしい卒業式をつくってほしいと思います。

  

 

 

0

大雪です!

18日(木)、昨夜から降り始めた雪は、朝にはかなりの量が積もっていました。

学校も一面が銀世界で、朝から雪かきの手伝いをしてくれた児童生徒がたくさんいました。休み時間や昼休みには、たくさんの雪の中で大きな歓声が響いていました。

明日の朝は、路面の凍結が予想されます。登校時には、十分注意するようご家庭でもお話ししていただきたいと思います。

  

0

9年生、がんばっています!

県立高校前期選抜入試まで約2週間、卒業まで約3週間となった9年生ですが、毎日残りの時間を大切にしながら学校生活を送っています。

朝自習の時間も自分の課題に向かって全員が真剣に取り組んでいます。とても良い雰囲気です!

 

0

花丸 なわとび記録会

 地震のために延期していた1~6年生の「なわとび記録会」を、今日(17日)から各学年で実施しています。写真は3年生と6年生が合同で実施した場面です。休み時間や家でも練習を重ねてきただけあって、自信を持って飛んでいる児童が多いように感じます。長い時間飛び続けられた児童には、大きな拍手が送られていました。

 

 

0

重要 コロナがまだ収束しない中での災害時の行動

 東日本大震災からもうすぐ10年。13日(土)深夜の地震はあの時と同じくらいの揺れで、大きな衝撃と不安を感じたのではないでしょうか。コロナ禍の中でも、地震や水害などの災害は起こるのだと、あらためて思い知らされました。

 今後も余震が起きる可能性はあります。コロナ禍であっても、避難をしなければならない場面は想定されます。報道では、コロナを理由に避難をためらったという話もあったようです。調べてみたところ、コロナ禍での災害時の行動に関する5つのポイントがあるということですので、下の5項目を参考にしてみて下さい。そして、自分の、家族の命を守る行動ができるよう心がけていきましょう。

0

テストをがんばっています(7~9年生)

16日(火)、7・8年生は期末テスト、9年生は実力テストを実施しました。

7・8年生は、今年度の学習の成果を発揮しようとうと真剣に取り組んでいました。9年生は、県立高校入試前期選抜の直前ということもあり、学級全体が入試本番のような緊張感のある雰囲気でテストに向かっていました。

7・8年生の期末テストは17日(水)も実施します。

 

 

0

「須賀川のユキヤナギ」をいただきました!

16日(火)「JA夢みなみすかがわ岩瀬地区花卉部会 雪柳班」様から色鮮やかなユキヤナギをいただきました。須賀川市のユキヤナギは「根蒸し」により促成されることで花持ちがよくなるそうです。

稲雲ホールに飾らせてもらいましたので、全員で観賞したいと思います。

 

0

子どもたちは元気に登校しました

臨時休業明けですが、1~9年生の児童生徒は元気に登校することができました。

今回の地震で大きな揺れを経験したことや余震が続くことに不安を感じている児童生徒も見られます。養護教諭やスクールカウンセラー、心の教室相談員による相談体制をしっかりとりながら子どもたちの不安を少しでも和らげられるようにしていきます。

校舎や校地内の破損箇所等について、16日(火)に須賀川市教育委員会の職員の方が来校されて確認しました。破損箇所や危険箇所について、なるべく早く対応していただけるとのお話をいただきました。

子どもたちが安心・安全に学校生活を送ることができるよう取り組んできます。

 

0

児童生徒の今後の学校生活の注意点について

明日(16日)より通常通り授業を実施しますが、以下の点に注意しながら児童生徒が安心・安全に学校生活を送ることができるようにしていきます。

 

〇 今後、余震が続くと考えらますので、各学級で十分に注意しながら生活します。各学級で避難経路を再度確認し、緊急時は学級担任や教科担任等の指示に従って行動できるようにします。

〇 児童生徒や保護者の方など、けがや破損等の被害がある場合は、すぐに学校まで報告をお願いいたします。

〇 校舎や校庭、校庭に設置しているポールなど亀裂や破損などの危険箇所について立入禁止とします。安全確保のため、ロープやコーンなどで制限した立入禁止の場所には絶対に近づかないよう指導します。

 

〇 校舎や校庭、体育館などで新たに危険箇所や破損などを発見したときには、教職員にすぐに報告し、それらの場所に近づかないよう指導します。

〇 地震により体調が悪くなったり、地震のことを思い出してしまったりする児童生徒に対して、学級担任、養護教諭、スクールカウンセラー、心の教室相談員などすぐに相談できる体制をとります。

〇 今後、地震の影響により、学校行事や授業などの中止・変更・延期などが考えられます。ホームページ等でご連絡します。  

0

明日(16日)の授業等について

明日(16日)は、通常通り授業を実施いたします。

給食も提供できますのでご安心ください。また、地震への不安等お子さんの様子に変化がある場合には、担任までお知らせください。スクールカウンセラーや心の教室相談員等を活用し、心のケアに努めてまいります。

7~9年生については、期末テスト(16日・17日)・実力テスト(16日)を実施いたしますので、準備をするようお子さんにお伝えください。

0

臨時休業と被害報告について

市教委からのメール一斉配信のとおり、安全点検・教室等の環境整備のため明日2月15日(月)は、臨時休業となります。

なお、今回の地震で大きな被害(けがや家屋への大きな被害等)に遭われた方は、明日15日(月)8時30分以降、学校までご連絡ください。

0

5年生と8年生の交流

12日(金)朝、8年生2名の生徒が5年生教室を訪れました。

8年生の2名は、自分たちが取り組んだ「ヘアドネーション」について、5年生に説明してくれました。

「ヘアドネーション」とは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り、無償で提供する活動のことです。8年生の二人は、ヘアドネーションに興味をもっていた5年生に対して、実際の体験をとおして学んだことや感想などをわかりやすく伝えていました。

 

以下に5年生の感想を抜粋して掲載します。

今日の朝は、8年生が来てくださった。そこで「ヘアドネーション」という言葉が出てきた。私は、いったいなんだろうと思ったけれど、説明を聞くと、私が今、挑戦してみようと思っていることだった。私は、以前、ある中学生が髪の毛を寄付したと聞いたことがあり、自分もやってみたいと思っていた。今、お母さんにも話していたところで、病気になってしまった子どもたちを少しでも助けてあげたいと改めて思った。今日は8年生の先輩が来てくださってよかった。本当にありがとうございます。

 

「ヘアドネーションってなんだろう。」私は思った。今日の朝、8年生の先輩方がヘアドネーションについて話してくれた。ヘアドネーションとは、小児がんなどで髪の毛が抜けてしまった子どもに、髪の毛を切ってかつらにしてプレゼントする活動ことだと知った。先生が、「何㎝提供するのですか?」と訪ねると、8年生は、「30㎝です。」と答えていたことがとてもびっくりした。先輩方は、ヘアドネーションのために腰の長さまで髪の毛を伸ばしたそうだ。8年生の先輩方は本当にすごいと思った。とてもかっこよかった。

0

5、6年生教室の朝のできごと

12日(金)5、6年生の教室に9年生が訪れ、昇降口前に掲示されている「9年生への応援メッセージ」に対するお礼を述べていました。9年生から、「みんなの応援がとてもうれしかったです。受験がんばってきます!」という力強いことばがありました。

 

その後、5、6年生は、この日の朝のできごとや感想などを作文にまとめていました。それらの一部を抜粋して掲載します。

 

「あっ、9年生の先輩だ。どうしたのだろう。」今日、9年生が教室に来てくれた。受験の応援のお礼に来てくれてのだ。他の学校では、中学生が教室に来てお礼を言いにくることはないのに、稲田学園ではわざわざ私たちの教室に来てくれてお礼を述べてくれる。とてもうれしいことだ。でも、何かをがんばる人に応援するのはあたりまえの事だと思う。あたりまえのことをしただけなのにわざわざ来てくれるなんて、「なんてすてきな中学生だろう。」と思う。だから、私も応援してくれた人たちに対して、今日の9年生のようにしっかりお礼を言えるようなすてきな人になりたいと思った。

 

今日の朝、9年生の先輩方がわざわざ応援のお礼をしに来てくださった。僕は、中学生はやはりすごいと思った。僕だったら応援されても、「がんばろう」で終わると思うけど、9年生は違ったからだ。考えてみたら、がんばってと応援されたら、ありがとうとお礼をすることは自然なことだと思う。だから、9年生のようにすてきな中学生になれるようがんばろうと思った。

 

5、6年生と9年生は、相手を思いやる交流をとおして、それぞれが成長し、お互いにその成長を実感できたようです。今後もこのような子どもたちを育んでいきたいと思います。

0

美術・図工 8年生の美術科の授業

 8年生の美術科では、丸い板に様々な模様を彫るレリーフを制作中です。彫刻刀を使って真剣に掘り進めています。いつもは賑やかな(笑)クラスですが、先生のアドバイスの声と彫刻刀で板を彫る音だけが美術室に響いていました。

 

 

0

学校 学園だより『稲雲第21号』

 本日、『稲雲第21号』を配付いたしました。新型コロナウイルス感染症にかかる緊急事態宣言の影響で、須賀川市内の回覧板による文書や学校だより等の閲覧ができないので、稲田学園児童生徒のご家族以外の方は、このホームページで見るか、公民館などで見ていただくしかありません。

 今回は、7年生の立志式や新入学児童保護者説明会、豆まき集会、部活動再開などの記事を掲載しました。また、今回の「ことばのちから」では、「かっこいい」という言葉について考えてみました。ご家族で話題にしていただければ幸いです。

 『稲雲第21号』はこちらをクリック ⇒ とううん第21号.pdf

0

新年度(義務教育学校移行)に向けて

3学期の放課後、教職員は毎日のように会議を実施しています。

義務教育学校移行を踏まえ、新年度の授業や行事などの教育活動について検討する「教育課程編成会議」を実施しています。この日は中期ブロックの教職員が会議を行っていました。

次年度、より良い『義務教育学校 稲田学園』を目指して全員で真剣に話し合っています。

0

最後の読み聞かせ(9年生)

10日(水)、読み聞かせボランティアの佐藤美恵子さんに、9年生は最後の読み聞かせをしていただきました。

今回は、1か月後に卒業を迎える9年生へのメッセージとなる絵本を2冊選んで読んでいただきました。佐藤さんには、いつも中学生の心に響く絵本を選んでいただき、朝から目頭が熱くなることが何度もありました。

3年間、佐藤さんに読んでいただいたたくさんの絵本が生徒たちの心に残り、これから迷ったり悩んだりしたときの心の支えになることと思います。

本当にありがとうございました。

 

0

修学旅行に向けて(8年生)

8年生は、来年度9年生で実施予定の修学旅行について学習を進めています。

関西地方の京都府、大阪府、奈良県の文化、歴史、建築物、食べ物など様々なみどころについて、班ごとに楽しそうに調べながら壁新聞にまとめました。

コロナ禍のため、なかなか見通しがもてない中ですが、8年生は学習を通して関西地方への思いを膨らませています。

 

0

登下校に十分気をつけてください

10日(水)の朝、路面が凍結しており大変危険な状態でした。

登下校時、転倒や自動車のスリップ等、様々な事故による危険が考えられます。十分に気をつけて、安全な登下校ができるよう学校で指導しました。特に、7~9年生の自転車通学の生徒は、路面凍結時は通学方法を変更し、自転車に乗ることを控えることについてもあわせて指導しました。

ご家庭でも路面凍結時の安全な登下校についてお話ししていただきたいと思います。

  

0

県立高等学校入学者選抜前期選抜志願状況(一次)が発表されました

県立高等学校入学者選抜前期選抜及び連携型選抜志願が締め切られ、10日(水)から15日(月)まで1回限りの出願先変更の受付が行われます。志願先を変更する際は、学校までご連絡ください。

福島県教育委員会関連ページ(志願状況等)はこちらです。→https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/edu/r3koukounyushi.html

  

0

小学生も応援しています!

9年生に対する7、8年生の応援メッセージが昇降口前に掲示されていますが、それらを見た5、6年生が、「自分たちも9年生を応援したい!」「いつも優しくしてくれる9年生にがんばってほしい」といった声があがりました。

現在、5、6年生を中心に小学生からの激励のことば、応援のメッセージも昇降口前に掲示されています。

9学年の子どもたちが一緒に生活する稲田学園の良さがここにも現れています。

全校児童生徒、全教職員が9年生を応援しています!

 

 

0

久しぶりの部活動です(7、8年生)

8日(月)から7、8年生は部活動を再開しました。

それぞれの部で、生徒は久しぶりに活動できる喜びを感じながら、真剣に練習に励んでいました。引き続き新型コロナウイルス感染症対策を徹底しながら、充実した活動ができるよう各部で工夫していきます。

 

 

 

9年生は、メディアセンターで真剣に学習に取り組んでいます!

0

がんばれ!9年生!

昇降口前には、9年生に対する応援のメッセージが飾られています。

県立高校前期選抜出願が完了し、いよいよ試験本番が近づいている9年生に対して、7、8年生の生徒や教職員からのあたたかいメッセージや激励のことばが並んでいます。

試験本番まで約1か月、ラストスパートです!

 

0

部活動再開のお知らせ(7、8年生)

須賀川市教育委員会からの通知により、2月8日(月)以降の部活動について、生活圏における感染状況を注視しながら可能な限りの感染症対策を講じた上で実施することとします。(2月10日から15日は、期末テスト前の部活動休止期間となります。)

なお、感染防止のため、他校生との交流が伴う練習試合や合同練習、協会等の大会などの校外の活動については当面の間、引き続き停止します。

また、児童生徒本人または同居ご家族に風邪様症状が見られる場合には、医療機関を受診するとともに登校を控えていただきますようご協力をお願いいたします。(欠席ではなく出席停止として扱います。)

保護者の皆さまのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

0

新入学児童保護者説明会を開催しました

5日(金)、午後2時より稲雲ホールで新入学児童保護者の皆様を対象とした説明会を開催しました。

はじめに、校長より稲田学園の教育方針や教育活動、家庭と学校が連携して子どもたちを育てていくことの大切さなどについて説明させていただきました。

 

その後、各担当から入学前の準備や心構えについてお話しさせていただきました。

 

説明会終了後、音楽室にて4月から使用する学用品を購入していただきました。

新入学児童の保護者の皆様、お忙しい中ご出席いただきありがとうございました。入学までの準備等、どうぞよろしくお願いいたします。

0

立志式を行いました(7年生)

4日(木)、7年生は立志式を行いました。

「立志式」は、武士の時代、元服にちなんで数え年の15歳を祝う行事であり、将来の決意や目標などを明らかにすることで大人になる自覚を深めたそうです。 

稲田学園では、次年度に後期ブロック(8、9年生)となる7年生を対象に立志式を実施しています。校長から立志証書を手渡され、一人一人がこれからなりたい自分の姿や目標とする大人の姿などについてしっかり決意を表明しました。

また、昨年度の3月(臨時休業中の期間)、小学校卒業直前に鑑賞する予定だった6年間を振り返る映像を保護者の皆さまと鑑賞しました。現在の成長した7年生の姿を改めて実感することができました。

今後も、立志式で決意した夢や目標に向かって行動できる子どもたちを育んでいきます。 

  

 

 

 

0

県立高校前期選抜の出願が完了です!(9年生)

4日(木)から県立高校前期選抜の出願が始まりました。

稲田学園は、4日(木)に県立高校7校の出願を無事に済ませました。いよいよ9年生にとって大事な前期選抜までラストスパートとなりました。

出願が締め切られる9日(火)の夕方には、県教育委員会のホームページやニュースの報道で1次出願者数や倍率などが発表されます。

本番までがんばれ9年生!

 

今後の県立高校入試関係の予定

■ 前期選抜・連携型選抜

・出願書類提出 2月4日(木)~9日(火)

・出願先変更 2月10日(水)~15日(月)

・学力検査 3月3日(水)

・面接等 3月3日(水)又は3月4日(木)、3月5日(金)

・追検査等の実施 3月10日(水)、3月11日(木)

・合格者発表 3月15日(月)

■ 後期選抜

・出願書類提出 3月16日(火)~17日(水)

・出願先変更 3月18日(木)

・面接等 3月22日(月)

・合格者発表 3月23日(火)

■ 新型コロナウイルス感染症対応選抜

・第1日程実施日 3月22日(月)

・第1日程合格者発表日 3月23日(火)

・第2日程実施日 3月25日(木)

・第2日程合格者発表日 3月26日(金)

0

鼓笛練習がんばっています(4年生)

4日(木)、来年度の新鼓笛隊編成に向けて、4年生の子どもたちが鼓笛練習に取り組んでいました。

コロナ禍ですが、鍵盤ハーモニカの代わりに電子ピアノ等を活用しながら、広い稲雲ホールで一生懸命がんばっています。

来年度の新5、6年生の鼓笛隊が楽しみです。

 

 

0

私立高校合格後の手続きについて

1月は私立高校受験者の合格が相次ぎました。合格された9年生の皆さん、おめでとうございます。

9年生のこれまでのがんばりが結果として表れたものです。この後、県立高校の受験を控えている生徒も多く、健康管理に気をつけながら学校や学年全体で受験に向かう雰囲気をさらに高めていきます。

私立高校合格者には、合格通知書とともに合格手続きに関する書類が届いています。これらについて忘れずに手続きを進めていただきたいと思います。手続きの期日に遅れたり不備あったりしますと、入学資格がなくなってしまいますので、届いた書類には隅々まで目を通して確実な手続きをお願いします。また、受験票も入学が完了するまで大切に保管してください。手続き完了後は学級担任まで振り込みをした用紙のコピーを提出(振込用紙がある場合)をお願いします。

なお、県立高校前期選抜については、稲田学園は4日(木)にすべての県立高校へ出願する予定となっています。

    

0

8年生の家庭科の授業

3日(水)、8年生は家庭科の授業で手縫いやミシンを活用してペンケースを製作していました。

男女関係なく、全員が夢中で作りたい作品と真剣に向き合っていました。中には、これまで気づかなかった裁縫の才能を発揮し、周りから一目置かれている男子生徒も見られました。

今後、個性あふれるすばらしいペンケースができあがるのが楽しみです。

 

 

  

0

PTA・体育文化後援会役員選考会・拡大役員会

1月29日(金)、PTA・体育文化後援会役員選考会・拡大役員会を開催しました。

次年度のPTA本部・体育文化後援会役員選考や今年度の会計執行状況、今後のPTA関連の予定等について話し合いが行われました。コロナ禍の学校生活の現状についても確認し、新年度の学校運営についてもご意見をいただきました。

新型コロナウイルス感染予防のため短時間での実施ではありましたが、役員の皆様からたくさんの建設的なご意見をいただくことができました。

 

0

お知らせ 義務教育学校への移行まであと2ヶ月

 令和3年度から須賀川市内初の9年制義務教育学校へと移行する我が稲田学園ですが、移行まで2ヶ月を切り地域の方々や本校に関係ある方々に『義務教育学校 稲田学園』をアピールし盛り上げるため、校門近くに写真のような横断幕を掲げました。「輝け 稲田っ子 学園を彩る華となれ!」というキャッチコピーは、子どもたちがいくつかの案から選んだ言葉です。実は、小中一貫教育校でも使ってきたキャッチコピーで、子どもたちにとってもなじみの深い言葉になっています。横断幕にもあるように「9年間の学び、9年間の一体感、そして9年間の感動を創造する学校」として、地域とともに学園を彩る華である子どもたちを大切に育てていきます。よろしくお願いします。

0

会議・研修 租税教室

 9年生の社会科授業では、県中地方振興局県税部の方々にお越しいただき「租税教室」を開催しました。税金のない世の中ではどのような問題が起きるのかを表現したアニメ(DVD)を鑑賞し、その後日本の税収が少ないために国の借金が増えている話など、国民として税金を納める大切さを学ぶ良い機会となりました。

 

 

0

ニヒヒ 鬼もコロナも退治しよう!~豆まき集会~

 今日は、いつもの年より1日早い節分です。稲田学園では、稲雲ホールに1~6年生が集まり、「豆まき集会」を開きました。集会では、保健委員会の児童たちによる進行で、まず節分はどんな日なのか説明しました。

 

 次に、先生や児童の代表から自分が退治したい鬼を発表しました。そして、今年は新型コロナウイルス感染防止の観点から、各教室を6年生が訪問し、豆まきの代わりに豆の入った紅白玉(運動会の玉入れに使用するもの)を投げる方式にしました。各教室からは、「鬼は外、福は内」という声が聞こえてきました。それぞれの児童が退治したい鬼(心の中の甘えや邪心)を退治して、穏やかな春が迎えられることを願います。

 

※6年生には校長室にも来てもらい、校長は「食べ過ぎ鬼」を退治してもらいました(^_^)

 

0

了解 今年度最後の一輪車学習

 稲田学園では、本日今年度最後の一輪車の授業を行っています。写真は2年生ですが、全員積極的に乗ろうとしており、実際に先生の補助が無くても一人で乗ろうとする児童が見えるようになってきました。

 

 

0

5年生が和楽器に挑戦しました

29日(金)、5・6校時に5年生が「和楽器鑑賞・体験教室」を行いました。講師に須賀川三曲会の3人の方を講師にお招きし、箏と三絃、尺八の演奏体験を行いました。(尺八は新型コロナウイルス感染症予防のため、演奏は行わずに尺八に触れて音階を確認しました。)

始めに、講師の先生方の演奏を聴かせていただきました。子どもたちは和楽器のきれいな音に興味津々の様子でした。

  

箏の演奏体験では、「さくら さくら」を演奏できるようになった児童もたくさん見られました。

 

日本の伝統的な文化や楽器に親しむ貴重な経験となりました。講師の先生方、お忙しい中、子ども達のためにご指導いただきありがとうございました。

0

より良い学校生活のために

29日(金)、5~9年生の生活委員会による週番引継ぎを実施しました。

小学生と中学生の生活委員が一緒に学校生活の改善に向けての建設的な話し合いが行われました。この日は、授業の始まる前や授業中の様子などについて様々な意見が出ていました。

それぞれ問題点を共有し、稲田学園全体で改善できるよう生活委員会を中心にがんばっています。

  

0

グループ 幼小連携保育参観

 稲田幼稚園主催による「幼小連携保育参観」が本日実施され、本校前期課程(小学校)の先生方が幼稚園の子どもたちの活動を参観してきました。幼稚園児が先生方とともにどのような遊びや活動を通してどんなことを学んでいるのか、先生方の動きや言葉かけの中に本校での指導にも参考になる援助や工夫はないかなどの課題意識を持って参観させていただきました。稲田幼稚園の子どもたちは、自分たちで遊びや活動を楽しもうと友達と工夫したり先生に相談したりと、積極的に活動していました。

 

 

0

全国学校給食週間の5日目は宮城県の郷土料理です

全国学校給食週間の5日目は、宮城県の郷土料理です。具体的には、「かおりごはん、笹かまぼこの磯辺揚げ、おかか和え、おくずかけ、牛乳」です。

太平洋に面している宮城県の東部には多くの漁港があり、様々な魚が水揚げされます。水揚げされた魚の加工も盛んです。宮城県はかまぼこ類の生産量が全国3位になります。笹かまぼこは、宮城県発祥の笹の形をしたかまぼこで、そのいそべ揚げは食べ応えがあり、とてもおいしかったです。

「おくずかけ」は、たくさんの季節の野菜を片栗粉でとろみをつけた郷土料理です。細かく刻まれた野菜と、とろとろの汁はとても熱々で、雪が降る寒い本日、体がとても温まりました。

 

0

落花生をいただきました

29日(金)、2月2日の節分に合わせ、本校の学校サポーターである結城様ご夫妻が来校され、落花生をプレゼントしていただきました。

結城様から落花生をいただくのは、今年で5年目です。毎年おいしい落花生をいただいており、2月の豆まき集会に合わせて子ども達に配っています。

結城様は本校学区内のご出身で、現在は地元を離れておりますが、本校児童生徒のためにと今年も来校してくださいました。本当にありがとうございます。

0

学校 心の教室相談員のお話

 本校に勤務いただいている心の教室相談員の熊田ひろみ先生が、朝の読書の時間を利用して受験期真っ最中の9年生に向けて絵本の読み聞かせをしてくださり、さらに困った心やつらい気持ちを楽にするためのお話をしてくださいました。受験に向けて日々努力を積み重ねる9年生にとって、張り詰めていた心を「ほっ」とさせる瞬間になったのではないでしょうか。

0

全国学校給食週間の4日目は浜通りご当地料理です

全国学校給食週間の4日目は、浜通りご当地料理です。具体的には、「背割れコッペパン・浪江焼きそば・大根サラダ・ゆずゼリー・牛乳」です。

双葉郡浪江町で生まれた「浪江焼きそば」は、浜通りのご当地グルメの一つです。浪江駅近くのお店で、昭和30年に極太の麺を使用した焼きそばを提供し始め、それが名物となりました。太めの麺が特徴で、具はもやしと豚肉、濃厚なソースで味付けされています。

極太の麺にソースがよくからんでおり、子どもたちは喜んで食べていました。

0

ユネスコ世界寺子屋運動募金

1月18日(月)から1月25日(月)の期間、ユネスコ世界寺子屋運動募金に取り組みました。

これは世界の教育を受けられない人たちを支援するための活動であり、児童生徒会が中心となって全校生、教職員へ呼びかけを行いました。呼びかけの結果、募金が11,811円、書き損じはがきは69枚もの大きな寄付を得ることができました。

集めた募金、はがきは須賀川ユネスコ協会をとおして、1月27日(水)に寄付しました。その際、須賀川ユネスコ協会様より感謝状をいただき、「誰一人取り残さない」ための社会づくりについてのお話をうかがうことができました。

社会の一員としての自覚と、より良い社会をつくっていくために自分たちができることについて学ぶ素晴らしい機会となりました。寄付にご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

0

全国学校給食週間の3日目は青森県郷土料理です

全国学校給食週間の3日目は、青森県郷土料理です。具体的には、「麦ごはん・十和田バラ焼き・せんべい汁・りんご・牛乳」です。

バラ焼きとは、約60年前の青森県三沢市を発祥とし、十和田市などの南部地方へ広まったとされるご当地グルメです。大量のタマネギと豚バラ肉をしょうゆベースの甘辛たれでからめ、鉄板で水分がなくなるまで炒める料理です。

せんべい汁は、青森県八戸市周辺の郷土料理で、料理専用の南部せんべいを用い、しゅうゆ味で煮た汁ものです。

「だし」を吸ったせんべいは、すいとんの歯ごたえを強くしたような食感になります。すいとんの食文化が盛んであった南部地方で、すいとんの代わりに保存のきくせんべいを用いたと考えられています。せんべいの食感がとてもおいしかったです。

 

0

校外子ども会を実施しました(1~6年)

27日(水)、1~6年生は方部ごとに校外子ども会を実施しました。

登校班の班長を中心に、今年度の登校班の反省を行うとともに、新年度の登校班についても確認しました。

  

 

 

方部ごとに反省等を確認した後、稲雲ホールにおいて1~6年生全員で交通事故防止や安全についてのDVDを鑑賞しました。

  

各学級でも、毎日の集団登校の仕方や安全について指導していきます。ご家庭でもあわせて声掛けをよろしくお願いいたします。

0

学校 学園だより『稲雲第20号』

 『稲雲第20号』を本日配付いたしました。主な内容は、新型コロナウイルス感染症に関する対応、稲田幼稚園児が稲田学園を訪問、コロナ禍でも行う命を守る講習会、中学生による模擬議会などです。是非ご家族でお読みください。

 『稲雲第20号』はこちらをクリック ⇒ とううん第20号.pdf

0

7年生の技術科の授業

7年生の技術科では、木材を加工して自分が作りたい木工製品を作っています。

本時では、のこぎり引きや釘打ちが終わり、椅子や本棚などの形ができた作品にニス塗りをしている生徒がたくさん見られました。

自分の作品が完成に近づき、生徒はとてもうれしそうでした。

  

 

0

全国学校給食週間の2日目は岩手県郷土料理です

全国学校給食週間の2日目は、岩手県郷土料理です。具体的には、「コッペパン・茎わかめと切干大根のサラダ・ひっつみ汁・いちご&マーガリン・牛乳」です。

岩手県の中央部にある盛岡市の給食に登場する人気の郷土料理「ひっつみ」は、小麦粉を耳たぶほどのやわらかさに練って作った生地をにんじんやごぼうなどの野菜と一緒にしょう油とだし汁で煮込んだ郷土料理です。

昔から、冬に吹く冷たい風に見まわれてきた岩手県では、貴重な米の代わりに小麦粉で作った料理が多く、ひっつみもその一つです。岩手県のひっつみを食べて、体の中から温まり、冬の寒さに負けない体を作っていきたいですね。

 

0

中学生による模擬議会

25日(月)、「中学生による模擬議会」に8年生の児童生徒会役員の2名が参加しました。

須賀川市内10校の中学生が参加し、中学生から見た須賀川市の「市政について」や「福祉」「教育」「環境」など様々な観点からの疑問を須賀川市長様や市担当の皆様へ質問していました。本議会は「インターネット会議中継」でも配信されました。

模擬議会に参加した8年生2名の生徒は、須賀川市の活動が自分たち須賀川市民の生活に直接つながっていることを実感することができました。

また、今後、9年生(中学3年生)の社会科(公民的分野)で学習する「地方自治」について、実際に体験をとおして学ぶことができました。
  

 

0

立志式に向けて(7年生)

25日(月)、7年生は2月4日(木)に実施する立志式に向けて練習をしていました。

練習を重ねている7年生は、全員の動きがそろっており、周りをすがすがしい気持ちにさせてくれました。

立志式の本番には、今後の自分の目標や決意を大きな声で発表します。中期ブロックのリーダーである7年生が、後期ブロックである8年生への進級に向けて、どのような目標や決意を表明するのか今から楽しみです。

 

 

0

中学生による模擬議会に出発しました

25日(月)、9年生の2名が市の中学生による模擬議会に「議員」として参加するために出発しました。

市内各中学校の「議員」とともに、須賀川市をよりよくするための議案について議会で話し合います。9年生の2名は、少し緊張気味でしたが、貴重な体験をとおして多くのことを学んできてほしいと思います。

 

0

本日の給食は「給食開始時献立」です

今週は給食週間として「東北復興味めぐり」の献立となります。東北地方の郷土料理や地域おこしのために作られたご当地料理ですので食文化の理解を深めてほしいと思います。

25日(月)は、「給食開始時献立」です。当時の給食献立を調理員さんがおいしく再現してくれています。とてもおいしくいただくことができました。

 

0

そなえるふくしま防災出前講座(5年生)

22日(金)、5年生は「そなえるふくしま防災出前講座」を受講しました。

福島県危機管理部の職員の方がお見えになり、パワーポイントでの説明、防災クイズなどをとおして防災への心構えなどをわかりやすく学ぶことができました。

また、スマホを使ったVR体験では、地震、土砂災害の360度映像を体験し、実際に自分たちが災害の場に立ち会っているかのようなリアルな映像に子どもたちは怖さを実感し、とても驚いていました。子どもたちのワークシートに記入した感想から、「災害に備えることが大切だということを感じました。」「今度、家族と避難場所などについて話し合ってみます。」などの記述が見られました。

今回の講座で配付された「そなふくノート」や「マイ避難ノート」を活用しながら、防災について家族の皆様で話し合っていただきたいと思います。また、災害発生時の避難場所や家族との連絡方法等についても併せて確認していただければと思います。

 

 

 

0

山田コーチの読み聞かせ・運動教室(1~6年生)

22日(金)、本校の学校サポーターである山田昭彦様(子供たちからは「山田コーチ」と呼ばれています)が来校し、今年度3回目の読み聞かせ・運動教室を実施しました。

1~6年生が1~6校時にそれぞれ山田コーチの授業を受けました。山田コーチは学年の発達段階に合わせ、たくさんの絵本を準備して下さり、運動と運動の合間に読んでいただきました。

今回も1~6年生は、読み聞かせや運動などを通して、元気に楽しく活動することができました。

 

 

0

学校 ハイ、賛成です!その理由は・・・

 3年生の今日の学級活動では、学級の思い出作りをするための「ありがとう会」について、その内容を話し合うという活動を行っていました。司会グループが前に出て、まず会の目的である「みんなで楽しく交流できる会」にするための話し合いであること、そして話し合いのルールに従ってみんなで意見を出してほしいということを確認して、会が始まりました。実際の話し合いでは、積極的に挙手をして堂々と意見を話す姿に、3年生の成長を強く感じました。「ありがとう会」が、3年生みんなの思いが詰まったすばらしい会になることを願っています。

 

 

0

稲田幼稚園の園児と交流しました(2年生)

22日(金)、稲田幼稚園の園児が来校して2年生と交流しました。

例年、2年生が稲田幼稚園を訪問して交流活動を行っていましたが、今年度は密を避け、広い稲雲ホールで感染症対策をしっかりとりながら交流活動を行いました。

2年生と園児は、牛乳パックと輪ゴムで「パッチンガエル」を協力して作り、一緒に跳ばして楽しんでいました。2年生は、園児に対して「かわいい、かわいい!」といいながら優しく接していました。

交流活動をとおして、2年生の成長した姿をたくさん見ることができました。

 

 

 

0

授業参観の中止について

過日、授業参観のお知らせをしたところですが、1月に入り県内でも新型コロナウイルス感染症の感染者が続き、須賀川市内でも同様の状況にあります。また、県内ではクラスターが発生し二次感染・三次感染の状況も見られます。

つきましては、児童・生徒並びに保護者の皆様の感染予防を第一に考え、残念ながら1月26日(火)に予定しておりました授業参観は中止とさせていただきます。

なお、2月に学年懇談会、PTA役員全体会及び専門部会を予定しておりますので、後日、ご案内させていただきます。

 

0

9年生、最後の期末テストをがんばっています!

22日(金)、9年生は中学校最後の期末テストに取り組んでいます。

受験への意識が高まっている9年生は、朝自習の時間から真剣に取り組んでいました。

現在、私立高校の受験が連日行われていますが、受験に向けて学級に一体感が生まれているこの良い雰囲気を県立高校受験にもつなげていってほしいと思います。

 

0

9年生の道徳の授業

9年生の道徳の授業では、「命を大切にする」という題材で、気持ちや行動について考え、議論しました。9年生の今後の生き方や希望、意志などについての前向きな意見や考えがたくさん表れた授業でした。

以下に授業後の生徒の感想を抜粋して掲載します。

 

〇 家族や友達など大切な人のことを思い出して、あきらめないでがんばりたい。生き抜きたい気持ちを強く持って行きたい。

〇 自分の命が大切なのと同じように他の人の命も大切。他の人のことを勇気づけたり、元気づけたりすることは、自分の命も他の人の命も大切にすることにつながると思う。

〇 命があって生きているから死にたくない、苦しいのは嫌だって思える。その思いが生きていくのには少しはつながっているんじゃないかと思った。命は大切。

〇 どんなに大変でつらくても、あきらめずにがんばろう、生きようと思う。

〇 今回は二つのことを学んだ。一つは「協力」、もう一つは「命の大切さ」。命は自分一人のものではないということもわかったし、他の人のためにも生きようと改めて思った。今、コロナ禍で大変な状況だけど、あきらめないで必死に戦おうと思った。

   

0

全国学校給食週間が始まります

1月24日(日)から30日(土)は全国学校給食週間です。

昭和21年12月24日から学校給食が始まりましたが、現在この日は冬休みになっているため、1ヶ月後の1月の1週間に設けられています。須賀川市では昭和30年代に給食が始まりました。最初はパンの献立のみの給食でしたが、昭和53年から米飯給食が導入されました。

今年の給食週間は、以下のように「東北復興味めぐり」として、東北地方の郷土料理や地域おこしのために作られたご当地料理ですので食文化の理解を深めてほしいと思います。

 

〇 1月25日(月) 給食開始時献立

麦ごはん  鮭の塩焼き  たくあん入り漬物  けんちん汁  味付けのり  牛乳

〇 1月26日(火) 岩手県郷土料理

コッペパン  茎わかめと切干大根のサラダ  ひっつみ汁  いちご&マーガリン 牛乳

〇 1月27日(水) 青森県郷土料理

麦ごはん  十和田バラ焼き  せんべい汁  りんご  牛乳  

〇 1月28日(木) 浜通りご当地料理

背割れコッペパン  浪江焼きそば  大根サラダ  ゆずゼリー  牛乳

〇 1月29日(金) 宮城県郷土料理

かおりごはん  笹かまぼこの磯辺揚げ   キャベツとほうれん草のおかか和え  牛乳

給食は家庭での共通の話題の一つだと思います。ぜひ、ご家族で給食のメニューなどについて話していただければと思います。

   

0

「おいしい!野菜チャレンジ」教室を実施しました(3年生)

21日(木)、3年生は「おいしい!野菜チャレンジ」教室を実施しました。

野菜ジュースでおなじみの「カゴメ」と「放課後NPOアフタースクール」による子どもたちの野菜嫌い克服と未来に向けた野菜不足ゼロを目指して考案されたプログラムのオンライン授業を実施しました。

子どもたちは、オンライン授業で、野菜を使ったジュースを飲みながら野菜当てクイズをしたり、野菜に関するナゾ解きという子どもを引きつけるプログラム内容を実践したりするなどしながら、野菜について詳しく知り、実際にジュースの試飲で野菜の味を確かめることができていました。

子どもたちは、オンライン授業をとても新鮮に感じ、楽しく学習することができました。

 

 

0

消防署を見学しました(3年生)

20日(水)、3年生は社会科学習の一環として、須賀川消防署に見学に行ってきました。

ほとんどの児童は消防署の中に入るのは初めてで、わくわくしながらの見学でした。署員さんのお話に耳を傾けて真剣に聞き、たくさんの質問をしながら学習してきました。また、消防車や救急車などの普段は見ることができない内部の部分まで見せていただき、大変有意義な見学となりました。

お忙しい中、見学をさせていただき、また丁寧に説明していただいた消防署の方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

 

 

0

ハート AED講習会

 8年生を対象としたAED講習会を実施いたしました。講師は、NPO法人福島ACLS協会の皆様で、実際に救急救命の現場でたくさんの命を救ってきた方々です。今回の講習の特徴は、なんといっても講習用マネキンが一人一台確保され、更に本物に近いAED操作も体験できるという機材の充実した講習であるということです。8年生は、テンポ感と臨場感のある説明をうけながら積極的に参加しAED操作の体験をしていました。万が一の場合に、この経験が生かされればと願います。

 

 

 

0

子どもたちは雪に大喜び!

19日(火)、朝から道路にたくさんの雪が積もっていましたが、子どもたちは元気に登校しました。

業間の時間には、歓声をあげながら校庭に走って行く児童がたくさんいました。中には、半袖、半ズボンで元気に雪合戦を行う児童も見られ、子どもたちは大喜びでした。

下校時も凍結している部分や雪が残っている箇所があると予想されますので、交通安全等を含め十分に指導したいと思います。

 

 

0

ユネスコ寺子屋募金

1月18日(月)から25日(月)の期間、ユネスコ寺子屋募金に取り組みます。

これは世界の中で教育を受けられない人たちを支援するための活動であり、稲田学園では児童生徒会が中心となって全校生、教職員へ呼びかけを行います。

集めた募金、はがきは須賀川ユネスコ協会をとおして1月27日(水)に寄付する予定となっています。社会の一員としての自覚と、より良い社会をつくっていくために自分たちができることについて学ぶ機会となります。

募金活動へのご協力をどうぞよろしくお願いします。

 

 

0

音楽 鍵盤ハーモニカはだめでも・・・

 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、現在合唱や管楽器演奏などの近距離での学習活動を停止していますが、鼓笛隊の演奏で鍵盤ハーモニカを担当する4年生は、鍵盤ハーモニカを吹かずに学園内にある大型のキーボード、さらに中学生の合唱パート練習などに使用してきた小さなキーボードを集め、密集した練習にならないように、稲雲ホールで授業を行っています。みんな真剣に楽譜と鍵盤に集中しています。

 

 

 

0

「いなだっ子健康カルタ」を作成しています

児童生徒は、「いなだっ子健康カルタ」を作成し、全員で健康の保持増進や感染症予防を心がけています。

昇降口前には、児童生徒が作成したカルタが掲示されています。

 

寒さやウイルス、受験のプレッシャーなどに負けずにがんばれ!いなだっ子!

0

和楽器鑑賞・体験教室を実施しました(6年生)

15日(金)、6年生が音楽科の学習の一環で、和楽器鑑賞・体験教室をしました。

感染症対策をしっかり行い、ディスタンスをとりながら講師の先生方に、箏と三弦、尺八による演奏を聴かせていただきました。普段なかなか目にする機会の少ない和楽器を目の前で演奏していただき、子どもたちは興味津々の面持ちでした。

その後、ご指導いただきながら箏と三弦、尺八を実際に体験させていただきました。(※尺八につきましては、新型コロナウイルス感染症対策のため直接吹くことはせず、指使いだけの体験となりました。)

お忙しいところ、本校児童のために3名の講師の方々に来校していただきました。誠にありがとうございました。子どもたちは日本の伝統文化に触れ、かけがえのない経験を積むことができました。

 

 

0

5年生と9年生が交流しました

昨年の暮れにメディアセンターで9年生と音楽部、稲田学園男声合唱団「グリー」によるクリスマスコンサートが開かれました。1~9年生や教職員などたくさんの人が合唱やハンドベル演奏などを聴いて楽しい気持ちになりました。

  

 

演奏後、5年生が9年生に対してコンサートのお礼の手紙を書いてくれました。その中に、9年生に対する質問がいくつかあったことから、質問に対する答えを用意し、3学期の給食の時間に9年生代表6名が5年生の教室を訪れました。

 

5年生は、9年生が突然来てくれたことにびっくりしていたようですが、とても喜んでいました。その場で、5年生から9年生に対して学習に関するいくつかの質問がありました。

9年生から、「今から毎日少しずつ勉強しておくようにした方がいいです。」というアドバイスがありました。5年生は、あこがれの9年生からのアドバイスがとても心に響いたようです。

そして、なんとこの日の放課後、またまた5年生から9年生にお礼の手紙が届けられました。

1~9年生が共に学校生活を送る稲田学園のよさがこの日も見られました。

0

学校における新型コロナウイルス感染防止策へのご協力について(お願い)

福島県新型コロナウイルス感染症対策本部員会議において、県内の感染状況が「ステージⅢ」相当であるとされたこと及び市内において感染者が増加している状況にあることから、 下記の期間、室内において近距離で行う合唱や管楽器演奏、密集する運動などの感染リスクの高い活動を停止いたします。

なお、同期間にあっても、感染収束局面と判断した際には、感染リスクの低い活動から徐々に活動を再開することといたします。

また、部活動及び特設活動については 、下記の期間において全ての活動を停止いたします。保護者の皆様におかれましては、引き続き 、お子さんの健康状態の把握に努めていただくとともに、同居家族の皆様も 毎日健康状態を確認し 、同居家族に風邪症状が見られる場合にも 、登校を控えるようお願いいたします。その際には、「 欠席 」とせずに「出席停止」として扱うことができるとしております。

今後も、学校においては、より一層の注意喚起を行うとともに、引き続き、感染防止策を講じながら教育活動を実施 してまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
  

        記

○ 対象期間 令和3年1月1 6 日( 土 )から同年2月7日(日)まで
※ 終了期日が変更となる際は、改めてお知らせします。

※ 稲田学園では、15日(金)は部活動の練習等は実施せず、道具や楽器など家で練習等に使用するものを持ち帰る日とします。

0

集会を実施しました(7~9年生)

13日(木)、7~9年生は集会を実施しました。

校長講話では、新型コロナウイルス感染症予防を徹底し、自分の命や周りの人の命を守るための行動の再確認し、3学期は、「自粛」「自重」「自戒」を意識して学校生活を送ることの大切さについても確認しました。

また、児童生徒会長や生徒指導担当教員から、学校生活を全員が前向きに送るための提案がありました。

短い3学期ですが、充実した学校生活を送ることができるよう支援していきます。

 

0

きれいな「団子さし」ができました!

13日(水)、図書委員会の児童生徒は「団子さし」の飾り付けを行いました。
団子さしは、福島県に伝わる小正月の行事で、だんごを丸めたものや縁起の良い鯛、小判、大黒様などの飾りをミズキの木に下げます。花がないこの時期に、色とりどりのだんごや飾りを木につけて、少しでも華やかな小正月らしい雰囲気を楽しもうという人々の知恵からだそうです。

図書委員会の児童生徒は、紙粘土を丸めて、赤、青、緑や黄色のカラフルなおだんごを作り、木にさしていきました。色とりどりでとてもきれいに飾り付けができました。

今後も、楽しみながら季節の行事に触れられる機会をつくっていきたいと思います。

 

 

0

学校 学園だより『稲雲第19号』

 本日(1月13日)、『稲雲第19号』を配付いたしました。内容は、3学期始業式での校長式辞を紹介しています。また、「ことばのちから」では『座右の銘』を取り上げました。

 裏面には2学期後半に子どもたちがいただいた賞状を掲載しました。並べてみると、あらためてこんなに多くの賞状がいただけたということで、稲田学園の子どもたちの頑張りはすばらしいと感動しました。ただし、本ホームページには個人名ということで掲載はいたしません。紙媒体で配布しました『稲雲』をご覧下さい。

 『稲雲第19号』(表面のみ)はこちらをクリック ⇒ とううん第19号(表).pdf

0

PCR検査等に係る情報提供のご協力について(お願い)

福島県の新型コロナウイルス感染状況が「ステージⅢ」に引き上げられたことが発表されたことから、学校においては、より一層の注意喚起を行うとともに、引き続き可能な限りの感染防止策を講じて教育活動を実施していくこととしております。

一方で、感染者はいつどこで発生してもおかしくない状況であり、本市の小・中学校において、お子さんや教職員の陽性が判明した場合には、県中保健所の指導のもと、迅速に濃厚接触者の特定のための調査や、施設の消毒を実施することとしております。

その際、必要に応じて、お子さんのお迎えの依頼や、夜間等であっても臨時休業等の実施について、学校より一斉メール等でお知らせしますのでご承知おきくださいますようお願いいたします。

なお、これらの対応等への備えを円滑に行うため、以下のとおり情報提供についてご協力をお願いいたします。

 

情報提供のご協力について

 【お子さんまたは同居のご家族に次の事案が起こりましたらご連絡ください

① 県中保健所より濃厚接触者に特定された場合

② 濃厚接触者に特定されていないが、接触者としてPCR検査を受ける場合

③ 発熱等の風邪の症状によりPCR検査を受ける場合

 情報提供は、校長または教頭へ直接電話でお願いします。

0

お知らせ 県民の皆様への知事メッセージ(令和3年1月8日)

 1月8日付で、福島県の内堀知事より新型コロナに関する県民の皆様へメッセージが発表されました。内堀知事は、県内の感染について「極めて危機的状況である」という認識を持ち、以下のようなメッセージで県民の注意喚起と新たな感染を出さない行動を求めています。

 はじめに、医師や看護師、病院スタッフの皆様、そして、感染症対策に携わる保健所や臨床検査技師の方々など、県民の命と健康を守るために、昼夜を問わず最前線で懸命に御対応いただいている関係の皆様に、深く敬意と感謝の意を表します。また、感染拡大の防止に向けて、様々な御協力を頂いている県民の皆様、事業者の皆様に心から感謝を申し上げます。
 全国的に、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない状況が続いております。昨日は、1日当たりの感染者が初めて7,000人を超えました。こうした中、政府は、感染者の約半数を占める1都3県を対象に、本日1月8日から2月7日までの1か月間、特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令しました。
 本県においても感染が拡大しております。先月12月は、9件のクラスターを始め、1か月では最多となる455名の感染が確認されました。クラスター9件のうち5件は、飲食が関係する場面で発生しており、マスクを外しての飲食や会話が、感染拡大の大きな原因の一つとなっています。
 1月に入ってからは、既に184名が確認され、先月を上回るペースで感染が拡大しており、感染者数の増加に伴い医療提供体制への負荷も増大しています。病床のひっ迫具合を表す病床利用率は、県全体で50%を超え、非常に厳しい状況になっています。
 また、今月は、いわき市及び白河市の飲食店において、複数の感染者が確認され、特に、白河市ではクラスターが発生するなど、今後、感染が更に拡大することも懸念されます。
 現在の福島県は、感染者数と感染地域の拡大を踏まえると、これまで以上の警戒が必要な状況になっています。
 県としては、国や市町村などの関係機関と緊密に連携し、感染拡大を防止するとともに、県民の皆さんに安心していただける検査体制、軽症者療養施設の活用を含めた医療提供体制の確保に、全力で取り組んでまいります。

 こうした厳しい状況を踏まえ、私から県民の皆さんに、3つの点について、強くお願いをいたします。

  1点目、「外出に当たっては、その必要性をしっかりと考えて、慎重に行動してください」
  2点目、「普段一緒にいない人との飲食などは避けてください」
  3点目、「マスクなしでの会話は止めてください」

この3点であります。

 本県にとって、今が正に瀬戸際であります。コロナに打ち克つことが出来るかが、皆様一人一人の行動にかかっています。自分自身の命を守るため、大切な人の命を守るため、そして、医療崩壊を防ぎ、社会を守るため、新たな感染者を出さない行動を切にお願いいたします。
 また、緊急事態宣言の発令に伴い、対象となった1都3県については、明日1月9日から2月7日までの間、不要不急の往来を自粛していただくようお願いいたします。1都3県以外の感染が拡大している地域との往来についても、その必要性を慎重に判断していただくようお願いします。
 今週末1月11日は成人の日です。今年成人となる皆様を始め、若い方々に改めてお願いをいたします。若い方は感染しても重症化しにくいとの見解もありますが、自分たちが感染した場合、これまで育ててくれた御両親、おじいちゃん、おばあちゃんなど御世話になった方々を危険にさらすおそれがあることを認識してください。友人たちとの飲食は楽しいものです。ましてや、久しぶりに会う場合はなおさらですが、今は我慢し、先ほどお願いした3つのお願いを徹底するようお願いいたします。
 成人式を開催する市町村におかれては、ソーシャルディスタンスの確保など、イベント開催のガイドラインに沿った感染防止対策の徹底をお願いします。また、オンライン開催の場合も含め、式典前後における飲食については控えていただくよう、式典参加者に対する周知をお願いします。
 「ウィズコロナ」の状況の中、今後も県内で感染者が発生することは避けられません。県民の皆様には、感染された方やその御家族、医療や感染症対策に携わる方々に対して、温かい気持ちで接していただきますようお願いします。また、差別や誹謗中傷は絶対になさらないよう、重ねてお願いをいたします。

0

9年生、面接練習をがんばっています!

9年生は、高校入試で実施される面接の練習に取り組んでいます。

面接練習を始めた当初は、なかなかスムーズにできませんでしたが、練習を重ねるたびに確実に受け答えが上手になってきています。

7日(木)は、入試本番を意識した校長による面接練習を行いました。生徒はとても緊張した様子でしたが、練習をとおして自分の改善点に気づくことができたようです。

 

今後も、計画的に学年および校長による面接を実施していきます。がんばれ9年生!

0

新春書道展「席書大会」中止のお知らせ

1月11日(月・祝)に実施予定であった須賀川市新春書道展「席書大会」が中止となりました。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、参加者とその家族、市民の健康と命を最優先にするための中止と主催者から連絡がありました。

1次審査で提出した作品で最終審査が行われます。

  

0

立志式に向けて(7年生)

7日(木)、7年生は、2月3日(水)に実施する立志式に向けて全員で意義や目的を確認し、座礼や立礼の練習を行い全員で気持ちを高めていました。

立志式に向けて真剣に取り組む7年生の姿は、いつもより大人びて見えました。

 

※ 立志式とは・・・元服にちなんで(数え年の)15歳を祝う行事。参加者は、将来の決意や目標などを明らかにすることで、おとなになる自覚を深める。(三省堂大辞林より)

江戸時代の成人式でもある元服は、数えで15歳頃の立春に行われたそうです。「元」は首の意味で冠をかぶること「服」は成人の服を着ることを表し、髪型を変えたり、名前を改めたりすることもあったそうです。

稲田学園では、8、9年生の後期ブロックに進級する7年生を対象に立志式を実施しています。立志式本番が楽しみです。

0

9年生の道徳の授業

9年生の道徳の授業では、「いのちを考える」という題材で、生まれてきた命や自分の命、周囲の人の命について考え、議論しました。

9年生は、自分の家族やこれまで生きてきた中で感じたことや思いなどと関連付けながら、前向きな意見や考えがたくさん出た授業となりました。

以下に授業後の生徒の感想を抜粋して掲載します。

 

〇 今まで何も考えないで生きてきたし、ボーッとしていたけど、今日、ハッとしました。生まれてこれない子、生まれてきてもすぐに死んでしまう子がいる中、私はすくすく育ってきたので、これからは生きる意味をしっかり考えたいです。

〇 自分の命が他の人を勇気づけたり、支えたりできるように生きたいと思ったし、生きることは尊いことで大切なことだと改めて思った。

〇 生まれてこれたことは、母親に感謝することしかできないなと思った。生まれてこれたことはあたりまえじゃないし、これからも元気に過ごせる保証もない。生まれてきたことに感謝したい。

〇 親に育ててもらい、今、生きていることに感謝。親が命がけで産んでくれたことに感謝。親に感謝。

〇 この話を読んで、改めていのちを考える機会になった。辛いことがあり、正直、「何で私が生まれてきたのだろう」「私なんか生まれてきてよかったのかな」と思うこともあったけど、この奇跡的に生まれた命、最後まで大切にしていきたいと思った。

    

0

総合的な学習の時間の様子(5年生)

6日(水)、5年生は、総合的な学習の時間に原子力発電と放射線について学習を行っていました。

たいへん難しいテーマですが、5年生の児童は、原子力発電の長所と課題についてテレビ番組風にわかりやすく解説しながら発表するための準備を進めていました。

これまでもっている先入観だけではなく、科学的な根拠や住民の考え、その他の発電方法との比較など多面的に学習を進めることができていました。

 

 

0

卒業文集作成を進めています(9年生)

9年生は、卒業文集の作成が順調に進んでいます。自分たちの卒業文集がよりよいものになるよう学級全員で考えや思いを話し合いながら、工夫して作成しています。

9年生は3学期始業式の日を含めて残り45日の登校となります。全員がすばらしい卒業式を迎えることができるようしっかり支援していきます。

 

0

義務教育学校移行に向けて

義務教育学校移行に伴い、「義務教育学校 稲田学園」のテーマについて、児童生徒会が中心となって全児童生徒から案を出してもらい、候補となるテーマ案が決定しました。

決定したテーマ案について、児童生徒会役員がその理由や思いを校長へ伝えました。

 

今後、正式にテーマ決定後、地域の皆様にも見ていただけるよう横断幕にして校地周辺に掲示する予定となっています。

0

第3学期始業式

5日(火)、第3学期始業式を実施しました。

冬休みに大きな事故や事件に遭うことなく、児童生徒は元気に登校することができました。

校長から、今年度の冬休みは、新型コロナウイルス感染症予防のため家の中で家族と過ごした時間が多かったことや、新学期も感染予防にしっかり努めていくことの大切さについて講話がありました。また、新しい干支である「丑(うし)」にちなみ、粘り強く努力を続け、我慢強い人になってほしいこと、「いつでも なんども だれにでも」の「いなだあいさつ」を継続し、全員が気持ちのよい学校生活を送ってほしいという講話がありました。 

   

その後、各ブロックの代表児童生徒3名から3学期のめあてが発表されました。3人の児童生徒は、それぞれ自分の生活を振り返り、今後の目標をしっかり発表することができました。

    

3学期はまとめの学期です。あたたかい春に向けて、児童生徒一人一人の目標が達成できるよう今後も支援していきたいと思います。

0

明日(5日)から給食があります

明日(5日)は、3学期始業式を実施しますが、給食があります。

5日(火)の下校時間は以下のとおりとなっております。

〇 1年生 14:00

〇 2~6年生 15:00

〇 7~9年生 15:10

 ※職員会議を行うため、7~9年生は5日(火)は部活動がありません。代わりに6日(水)に部活動を実施します。

なお、気温が低い予報となっており、道路の凍結が予想されます。登下校時は転倒や自動車、自転車との接触などに十分に注意してください。

     

0

学校 年頭のごあいさつ

あけましておめでとうございます!

 旧年中は、稲田学園の子どもたちに対しましてたくさんのご声援・ご協力をいただきありがとうございました。今年もこの学校HPでは、稲田学園の子どもたちの活躍や日々の表情を紹介してまいります。ご家族の皆さん、地域の皆さんとともに元気な稲田学園にしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 稲田学園は、令和3年4月から義務教育学校へと移行します。小中一貫教育校としての3年間の実践を生かし、これからも地域の宝である子どもたちを育てる本校は、「9年間の学び、9年間の一体感、そして9年間の感動を創造する学校」としてさらに発展していきます。どうぞご期待下さい!

 

 

0

学校 市長メッセージ「年末年始における感染防止対策について」

 令和2年12月24日、橋本克也須賀川市長から市民に向けてのメッセージが発表されましたので掲載します。

 市民の皆さんには、日頃から、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に取り組んでいただき、誠にありがとうございます。また、命を守るため、地域医療を守るため、今も最前線でご努力いただいている医療関係者の皆さんはじめ、介護・福祉施設等に従事する皆さんに、心から敬意と感謝の意を表します。本市では、10月30日の16例目以降、新たな感染症患者は確認されておりません。しかし、県全体ではクラスターの発生などにより感染者が急増している状況にあります。市民の皆さんにおかれましては、全国や県内で感染が拡大している状況を踏まえ、特に感染リスクが高い地域に移動する場合には、その必要性を慎重に判断していただくとともに、3密や会食、宴会などの感染の広がりが見られるような場所への訪問は控えていただくようお願いいたします。また、接触確認アプリ「ココア」の活用や移動後2週間の行動歴の記録など、感染拡大を防ぐための対応をお願いします。特に、これから人の動きが増える年末年始を迎えるに当たり、皆さんに次の3つをお願いいたします。

 1つは、会食についてであります。忘年会や新年会等を開催する場合は、普段から一緒にいる人と、少人数・短時間でお願いします。また、座席は正面や真横を避けて斜め向かいにする、会話する際は必ずマスクを着用するなど、感染防止対策の徹底をお願いします。
 2つは、帰省についてであります。帰省する場合には、3密回避を含め、基本的な感染防止策を徹底するとともに、大人数の会食を控えるなど、高齢者等への感染につながらないよう注意をお願いします。そうした対応が難しい場合は、帰省について慎重に検討いただくようお願いします。また、発熱等の症状がある場合には、帰省や移動を控えていただくようお願いします。
 3つは、初詣や各種イベント等への外出についてであります。初詣は、混雑する時期を避けるとともに、3密や感染防止対策が徹底されていない施設を避け、マスクの着用などの感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

 新型コロナウイルスとの闘いはこれからも続きます。家庭や職場内において、「新しい生活様式」の継続と併せて、適切な換気や湿度の確保など、冬場の感染防止対策を徹底していくことが重要です。改めてのお願いになりますが、マスクの着用、3密や大きい声を出す場面を避ける、手洗いや手指の消毒といった基本的な感染防止対策に引き続き取り組んでください。重要なことは「感染しない、感染させない」お互いの取り組みです。

 市民の皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。また、市民の皆さんには、感染された方やそのご家族、医療や感染症対策に携わる方に対しての差別や誹謗中傷は、絶対になさらないよう重ねてお願いいたします。

0

第2学期終業式を行いました

本日をもって、89日間の第2学期が無事に終了しました。

終業式の校長式辞では、新型コロナウイルス感染症に伴う休業日の関係で短くなった10日間の冬休みを迎えるにあたり、

・「新しい生活様式」を守って感染予防に努めることや感染拡大が見られるので、冬休みもうがい、手洗い、マスクの着用、3密を回避を意識して生活すること

・家族の一員としての役割をきちんと果たすこと

・9年生は、強い意志をもって粘り強く学習をがんばること

の3点について、講話がありました。また、2学期は新型コロナウイルス感染症予防で様々な行事が中止や延期となる中、運動会や秋華祭、修学旅行などでたくさんの充実した姿が見られたことに対する称賛がありました。さらに、朝の登校班であいさつがすばらしい班についての称賛がありました。新年も児童生徒全員が大きなあいさつができるように支援していきます。

 

その後、各ブロック代表の児童生徒による「2学期を振り返って」の作文発表がありました。

   

秋の運動会秋華祭に向けて練習を頑張り上手に発表できたことや、行事を通して学級の仲間同士の絆がより深まったことなど、学級内で話し合って一人一人の行動が改善されたことなど、この2学期の学校生活での成長が感じられる作文でした。

明日からは冬休みとなります。子ども達にとって、有意義なお休みとなりますことを願っております。

保護者の皆様、地域の皆様におかれましては、今年一年間にわたりまして、学校へのご理解とご協力をいただきましたこと、感謝申し上げます。

0

学校 学園だより「稲雲第18号」

 本日、2学期最後となります学園だより「稲雲第18号」を児童生徒に配付いたしました。新型コロナ対策を徹底した冬休みの過ごし方、第3回地域運営協議会、長谷川ファミリーほのぼのコンサートなどの記事が掲載されています。ご家族で読んでください。また、回覧板でも回っていきますので、是非地域の皆さんにも読んでいただきたいです。「稲雲第18号」はこちらをクリックするとご覧になれます ⇒ とううん第18号.pdf

0

学期末清掃をがんばっています

2学期も残り1日となりました。最後の1週間は通常の清掃活動に加えて、学期末清掃を実施しています。

この日は、学校全体でガラス磨きを重点的に行いました。2学期の汚れをきれいにして、児童生徒全員で気持ちが良い新年を迎えられるようにしたいと思います。

 

 

0