日誌

2018年12月の記事一覧

学校 第2学期終業式&表彰

 本日、81日間の2学期の最終日となり、4校時目に2学期末までに各個人・団体で活躍した生徒の皆さんに表彰状を伝達した後、終業式を実施いたしました。

 表彰を2回に分けて実施するほど表彰状がたくさんありました。また、終業式では各学年の代表による2学期の反省も3学期や次年度に向けた希望にあふれた決意表明でした。特に、3年生は進路を決める冬休みを後悔しないように過ごすため、1日8時間の勉強を誓う内容でした。「本気度」が伝わってきました。

 そして、終業式の最後には、12月3日にご逝去された長沼中校歌の作曲者・大中恩先生への感謝の気持ちを込め、大きな声で校歌を歌い終業式を終わりました。

  

  

0

雪 長中だより第16号

 第15号を2学期最後と言っていたのですが、休み明けの大切なお知らせがあったので、本日、長中だより第16号(片面のみ)を全校生に配付いたしました。今回は、冬休み明け(年明け)すぐに始まる高校入試の日程、新入生保護者会の内容を掲載いたしました。また、大切にしたい言葉は、日本の偉大な漫画家・手塚治虫の言葉を紹介しました。

 長中だより第16号はこちらからでもご覧になれます ⇒ 長中だより16号.pdf

0

花丸 手作り和紙のカレンダー2019が完成

 本校のやまゆり学級で取り組んできた手作り和紙が大きくできたので、それを台紙にやまゆりの生徒たちが月ごとに分担して大きなカレンダーを作ってくれました。本物は自分たちの教室に飾るとして、校長にはカラーコピーをしたものを生徒たちからいただきました。校長室に掲示して毎日見ながら癒やされたいと思います。

  

0

音楽 それが大事~読み聞かせ(6)~

 今日の読み聞かせは、学校評議員でもある内山美佐子さんによる「熱い」読み聞かせでした。3年2組の生徒のためにと準備いただいたお話からは、「♪負けないこと・投げ出さないこと・逃げ出さないこと・信じ抜くこと・・・♪」と歌が聞こえてくるような、進路決定に向けて頑張る3年生に向けてエールを送る内山さんの気持ちが伝わってきました。

0

学校 毛筆で書く字の先に見えるものとは・・・

 国語の授業で真剣に毛筆に取り組む2年生の姿、その場の緊張感に思わず足を止めました。

 1年生の頃の「字」そのものの稚拙さがなくなっていることはもちろん、自己と対話し、教師から学ぼうとする姿勢に、2年生の成長を感じたのでした。(いいぞ~、君たちはすでに長沼中を引っ張る立派なリーダーだぞ~!!)

 

0