日誌

2019年11月の記事一覧

重要 重要:インフルエンザ感染拡大防止のための一斉下校について

 本日、11月29日(金)午前の段階で、インフルエンザ罹患者及びその疑いのある欠席者が増加傾向にあります。感染拡大防止のため、長沼中学校では以下の対応をいたします。各ご家庭のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

1 本日は全部活動を中止し、清掃無しで全校生一斉下校とします。

2 帰りの会は14:45終了、15:00までに完全下校とします。

3 一斉下校以後、発熱等により病院でインフルエンザと診断を受けた場合は、担任にご連絡下さい。

4 インフルエンザの罹患者がこの土日にさらに拡大した場合、12月2日(月)以降

 の対応(学級や学年閉鎖など)について、早めに判断しご連絡いたします

    

0

理科・実験 ムシテックワールドでの楽しい実験

 本日(11月28日)、1年生のムシテックワールド体験学習を実施いたしました。体験した実験は2つで、1つは液体窒素を使った実験、もう一つは金属を燃やした際の色と花火の秘密についての実験です。どちらの実験もなかなか学校の理科室ではできない実験であり、1年生たちは楽しく実験に取り組んでいました。

 

 

0

グループ 来年度の新入生が長沼中を訪問

 11月27日(水)、長沼小の6年生23名、長沼東小の6年生19名が長沼中を訪問し、授業を参観したり、生徒会による学校生活の説明を聞いたり、部活動を体験したりして、中学校生活についてイメージをもってもらい、来年4月の入学式を迎えてほしいという「小学生訪問(中学校体験)」を実施いたしました。

 特に部活動体験では、先輩となる長沼中の現1・2年生が、優しく声をかけ練習を近くで見せたり、一緒に試合形式の練習に参加してもらったりと、積極的に6年生たちにアプローチしていました。さて、来年度はどの部に何人の新入部員が入るでしょうか・・・

  

    

  

   

 

0

学校 授業研究~2年数学~

 11月27日(水)の1校時、2年生の数学の授業研究を行いました。三角形の合同条件や図形の性質を根拠に、2つの辺の長さが等しいことを証明する問題について、2年1組の生徒全員が真剣に取り組みました。図形の証明は数学の中でも苦手意識が高い分野ですが、グループでの学び合いの中で、友だちに論理的に説明しようとする生徒もいれば、証明の型にはめようとする生徒など、意欲的に学ぼうとする生徒の姿を多く見ることができました。

   

  

0

学校 授業研究~1年社会~

 本日(11月26日)の授業研究は、1年の社会科でした。アメリカ合衆国の農畜産物が多様でしかも大量なのはなぜかという課題で、グループで意見を出し合うという授業でした。気候、生産方法、経営方法という3つの視点で資料を基に真剣に考える1年生を見て、中学生らしくなってきたなぁと思わず感動してしまいました。

  

  

0