こんなことがありました!

2018年1月の記事一覧

小中一貫教育を推進


本日、長沼中学校区の小中学校の校長・教頭・教務主任が集まり、
平成30年度の小中一貫教育を一層充実させるための話し合いをしました。
9年間をかけて児童生徒をどのように育てていくか、
目標や手立てを検討したり、行事の調整を行ったりしました。

スケート教室 スーイスイ


今日は上学年(4・5・6年生)のスケート教室がありました。
研修バスで磐梯熱海アイスアリーナに出かけ、
準備運動をして、スケート靴を履きました。
安全のため、全員ヘルメットもしっかりかぶりました。

前半はクラスごとの基礎練習です。
座る、立つ、歩く、転ぶ、そして滑る。

後半は自由滑走を行いました。
ほぼ貸し切り状態のリンクを思う存分に滑りました。
初めての児童も、かなり上手になりました。

だれもけがなどせず、楽しいスケート教室になりました。

図書委員の「おにいさん」「おねえさん」


今日は読書の時間に図書委員による読み聞かせがありました。
自分たちで考えた自主的な活動です。
数日前から本を選び、繰り返し練習してきました。

1・2・3年生は、図書委員のおにいさんおねえさんの上手に読み聞かせに
集中して聞いていました。

ダメ! お酒とたばこ


6年生が保健の時間に、薬物乱用防止教室を行いました。
特別講師は学校薬剤師の室井さん。
飲酒や喫煙が体に与える悪影響と
もしも癌(がん)になってしまうと...ということについて
分かりやすく指導していただきました。

児童集会でボール運びレース


今日は児童集会がありました。
代表委員が企画し、縦割り班対抗のボール運びレースを行いました。
新聞紙にのせたボールを2人で運び、リレーします。
いつも清掃活動で協力している縦割り班なので、
息もぴったり、バランスよく運ぶことができました。

本は心の栄養!


長沼小学校では、毎朝10分間の読書タイムがあります。
また、水曜日には、読み聞かせボランティアの皆さんによる読み聞かせが行われます。
今日は、1・2年生の教室で読み聞かせしていただきました。
子ども達はいすを持って集まり、
絵本や紙芝居の素敵なお話に真剣に目と耳を傾けていました。
「本は心の栄養」
これからもたくさんのいい本に出会って欲しいと思います。

雪は楽しい!


昨日から今朝にかけてたくさんの雪が降りました。
大人にとってはやっかいな雪ですが、子ども達にとっては
楽しいもののようです。

1・2年生が3校時の生活の時間に雪遊びをしました。
雪だるまを作ったり、そり滑りをしたり、さらさらの雪に寝転がったりしました。
「楽しい!」
元気な声が校庭に響いていました。

フットサル


5年生は体育の時間にフットサルを行いました。
フットサルは室内(体育館)でも行うことができ、
足でボールをけってゴールする、サッカーとほぼ同じルールのスポーツです。
前半はパス練習・シュート練習を行い、後半はチーム対抗でゲームを行いました。
とても寒い中でしたが、子ども達は熱く燃えてプレーしていました。

ちょうどよい食事の量は?


4年生は学活の時間に食育の学習を行いました。
栄養教諭の本田先生と一緒に、
ちょうどよい食事の量について学びました。

少ないと、エネルギーが足りなくなってしまう。
多すぎると、肥満などの生活習慣病になってしまう。

これからは一人一人、自分で考えながら、
「ちょうどよい」食事の量に心がけていきます。

むかし遊び体験


1年生が生活科の時間に「むかし遊び」の体験をしました。
けん玉、お手玉、自分で描いたメンコを使って実際に遊んでみました。
なかなか難しく、みんな苦戦していました。
2月には昔遊びのベテランの先生に来ていただいて、
こつを教わる予定です。