校長あいさつ


  

 長沼東小学校は,須賀川市西部に位置し,その名のとおり長沼地区の東にある学校です。今から50年前の昭和46年4月に,旧木之崎小学校と旧桙衝小学校の統合により,現在の「長沼東小学校」と改称したものです。校章の二つの輪は旧2校の小学校を表し,その重なりは統合を意味しています。背面は長沼東小学校の限りない飛翔・飛躍を願い,鳥の翼をイメージしたものです。

本校では,今年度の教育目標を「心身ともに健康ですなおな心をもち主体的に学ぶ東っ子の育成」とし,

 「健康でたくましい子ども」

「思いやりのある子ども」

「よく考え学ぶ子ども」

 の3つを掲げ,知徳体のバランスのとれた人間性豊かな子どもの育成をめざしています。

  本市は全小中学校において,小中一貫教育を進めています。昨年度の長沼中学校・長沼小学校との3校での取り組みを検証しながら,さらに深化・発展させていきます。また本校はユネスコスクールに認定されており、ESDの考え方を取り入れた教育活動の研究を継続して推進していきたいと考えています。

  子どもたちが,「勉強がわかってよかった」「友達と楽しく遊べた」「委員会活動を工夫してできた」「学級会で意見が取り入れられた」「先生にほめられた」と感じながら下校できる学校づくりに努めていきます。そのために教職員の力を結集するとともに,同地区の学校と連携し,保護者・地域・関係機関の力をお借りしながら,81人の児童を14名の職員でしっかり育てていきたいと思います。

 令和3年4月       

                                  須賀川市立長沼東小学校長 高木 正宏

 

 

 

 

地図
学校へのアクセス

JR須賀川駅から福島交通バス長沼線約30分寺前停留所下車(徒歩約10分) 
須賀川ICから車で20分