こんなことがありました

2018年7月の記事一覧

1学期無事終了!!

本日の終業式をもちまして、稲田学園として新たにスタートした1学期の72日間が終了いたしました。

熱中症予防から、本来予定していた体育館から稲雲ホールへと急遽場所を変更しての終業式でしたが、体調不良を訴える子どももなく、厳粛な雰囲気の中で式に参加することができました。

校長先生からは、1学期のいなだっ子の頑張りについて褒めていただき、マナーアップ作戦の取り組みについての反省や2学期に向けての課題などについてお話がありました。

その後、各ブロック(前期:1~4年、中期:5~7年、後期:8・9年)の代表児童生徒から1学期の頑張りについての作文発表が行われました。

最後に、小中それぞれの校歌と愛唱歌を斉唱し、暑い中でも元気な歌声がホールに広がりました。

式の後には、表彰が行われました。各種コンクールや大会等、また学期末の校内学習コンテストにおける表彰で、たくさんの子ども達が表彰を受けました。

1学期間、保護者の皆さまには本校の教育活動へのご理解とご協力をいただきましてありがとうございました。

明日からの夏休み、それぞれ色々なご予定があることと思います。実り多き夏休みとなりますことを、教職員一同願っております。

0

学園だより「Home」第11号を発行しました

今日は1学期最終日、本日学園だより「Home」第11号を発行しました。

おもな内容は、1学期を終えて、保護者へのお願い、吹奏楽コンクール県南支部大会金賞受賞、NAOTOさん・岡本真夜さんとの交流会、スマホ・ネットの利用についてのお願い等です。

詳しくは右をクリックして下さい。300720学園だより11.pdf

0

選手壮行会

7月25日(水)に牡丹台水泳場で行われる須賀川市内小学生水泳交歓会と、8月18日(土)に日産スタジアムで行われる全国小学生陸上競技交流大会にそれぞれ出場する選手の壮行会を行いました。

今回の壮行会では、小学生の応援団が中心となり、会を取り仕切りました。応援団を中心に、選手一人一人に力がみなぎるような、すばらしいエールを選手に届けてくれました。

0

NAOTOさんと岡本真夜さんとの交流会

 本日、稲田学園の愛唱歌「Home」を作っていただいたヴァイオリニストのNAOTOさんとシンガーソングライターの岡本真夜さんにお越しいただき、児童生徒との交流会を行いました。

 交流会では、これからも稲田学園を応援していただきたく「学校サポーター」に任命させていただきましたが、その委嘱状を交付させていただきました。

 さらには児童生徒代表のお礼の言葉と、児童生徒の感謝の気持ちを込めたメッセージや文集を贈呈させていただきましました。

 その後、本校音楽部が愛唱歌「Home」の合奏を演奏しました。

演奏後には、岡本真夜さんとNAOTOさんからお言葉をいただきましたが、NAOTOさんからはサプライズでバイオリンの演奏をしていただきました。

最後に、全校児童生徒で愛唱歌「Home」を歌い、NAOTOさんと岡本真夜さんと一緒に記念撮影を行いました。

NAOTOさんと岡本真夜さんには、大変お忙しい中、来校して児童生徒と交流していただきありがとうございました。

0

学園だより「Home」第10号を発行しました

本日、学園だより「Home」第10号を発行しました。

主な内容は、日清カップ県大会、東北・夢の桜街道絵画コンクール入賞、稲田学園への視察、授業研究会等についてです。

詳しくは右をクリックして下さい。300717学園だより10.pdf

0

吹奏楽コンクール県南支部大会 金賞! 

本日、音楽部が郡山市民文化センターで行われた福島県吹奏楽コンクール県南支部大会中学校小編成の部に出場しました。

演奏曲は 「華の伽羅奢~花も花なれ 人も人なれ」(樽屋雅徳作曲)でしたが、難しい曲を18名の部員が指揮者のタクトに合わせて素晴らしい演奏をしました。

その結果、見事金賞に輝き、県大会に出場することになりました。

コンクールでは楽器運搬や搬出入にお手伝いいただいたり、応援に駆けつけていただきありがとうございました、

 

県大会は7月26日(木) いわき市アリオスで行われます。

0

民報杯野球大会に出場

稲田学園野球部は、本日長沼球場で行われた民報杯野球大会(福島県少年野球選手権大会)岩瀬・石川予選会に出場しました。

結果は 稲田学園1-2小塩江中 惜敗でした。

暑い中でしたが、勝利を目指して精いっぱいプレーしました。

3年生はこれで部活動が引退となります。お疲れ様でした。

応援に駆けつけていただいた保護者の方々に御礼申し上げます。

0

薬物乱用防止教室が行われました。

 今日は9年生を対象に薬物乱用防止教室が行われました。

 講師には学校薬を担当してくださっているクォール薬局の山本 英聡様にお越しいただきました。

 薬物とは酒やアルコールを含み、快楽を目的に使用すればたとえ一度だけだとしても薬物乱用とみなされるのだそうです。生徒たちはDVDによる映像を交えた講義を聞いて薬物について理解を深めました。

 また、友人等に薬物の使用を誘われたときの断り方について、ロールプレイングをしました。

 断るときは

・関係のない話に切り替える

・壊れたレコードのように、ひたすらNO!を言う

などの方法が有効なようです。

 

 未成年は薬物を使用した際の影響が大きく、成長に大きな支障をきたす恐れがあります。薬物を乱用するようなことが絶対にないよう、今日学んだことを生かして楽しい夏休みを過ごしましょう。

 

 薬物乱用、ダメ。ゼッタイ。

 

0