こんなことがありました

出来事

5年生と8年生の交流

12日(金)朝、8年生2名の生徒が5年生教室を訪れました。

8年生の2名は、自分たちが取り組んだ「ヘアドネーション」について、5年生に説明してくれました。

「ヘアドネーション」とは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り、無償で提供する活動のことです。8年生の二人は、ヘアドネーションに興味をもっていた5年生に対して、実際の体験をとおして学んだことや感想などをわかりやすく伝えていました。

 

以下に5年生の感想を抜粋して掲載します。

今日の朝は、8年生が来てくださった。そこで「ヘアドネーション」という言葉が出てきた。私は、いったいなんだろうと思ったけれど、説明を聞くと、私が今、挑戦してみようと思っていることだった。私は、以前、ある中学生が髪の毛を寄付したと聞いたことがあり、自分もやってみたいと思っていた。今、お母さんにも話していたところで、病気になってしまった子どもたちを少しでも助けてあげたいと改めて思った。今日は8年生の先輩が来てくださってよかった。本当にありがとうございます。

 

「ヘアドネーションってなんだろう。」私は思った。今日の朝、8年生の先輩方がヘアドネーションについて話してくれた。ヘアドネーションとは、小児がんなどで髪の毛が抜けてしまった子どもに、髪の毛を切ってかつらにしてプレゼントする活動ことだと知った。先生が、「何㎝提供するのですか?」と訪ねると、8年生は、「30㎝です。」と答えていたことがとてもびっくりした。先輩方は、ヘアドネーションのために腰の長さまで髪の毛を伸ばしたそうだ。8年生の先輩方は本当にすごいと思った。とてもかっこよかった。

0

5、6年生教室の朝のできごと

12日(金)5、6年生の教室に9年生が訪れ、昇降口前に掲示されている「9年生への応援メッセージ」に対するお礼を述べていました。9年生から、「みんなの応援がとてもうれしかったです。受験がんばってきます!」という力強いことばがありました。

 

その後、5、6年生は、この日の朝のできごとや感想などを作文にまとめていました。それらの一部を抜粋して掲載します。

 

「あっ、9年生の先輩だ。どうしたのだろう。」今日、9年生が教室に来てくれた。受験の応援のお礼に来てくれてのだ。他の学校では、中学生が教室に来てお礼を言いにくることはないのに、稲田学園ではわざわざ私たちの教室に来てくれてお礼を述べてくれる。とてもうれしいことだ。でも、何かをがんばる人に応援するのはあたりまえの事だと思う。あたりまえのことをしただけなのにわざわざ来てくれるなんて、「なんてすてきな中学生だろう。」と思う。だから、私も応援してくれた人たちに対して、今日の9年生のようにしっかりお礼を言えるようなすてきな人になりたいと思った。

 

今日の朝、9年生の先輩方がわざわざ応援のお礼をしに来てくださった。僕は、中学生はやはりすごいと思った。僕だったら応援されても、「がんばろう」で終わると思うけど、9年生は違ったからだ。考えてみたら、がんばってと応援されたら、ありがとうとお礼をすることは自然なことだと思う。だから、9年生のようにすてきな中学生になれるようがんばろうと思った。

 

5、6年生と9年生は、相手を思いやる交流をとおして、それぞれが成長し、お互いにその成長を実感できたようです。今後もこのような子どもたちを育んでいきたいと思います。

0

美術・図工 8年生の美術科の授業

 8年生の美術科では、丸い板に様々な模様を彫るレリーフを制作中です。彫刻刀を使って真剣に掘り進めています。いつもは賑やかな(笑)クラスですが、先生のアドバイスの声と彫刻刀で板を彫る音だけが美術室に響いていました。

 

 

0

学校 学園だより『稲雲第21号』

 本日、『稲雲第21号』を配付いたしました。新型コロナウイルス感染症にかかる緊急事態宣言の影響で、須賀川市内の回覧板による文書や学校だより等の閲覧ができないので、稲田学園児童生徒のご家族以外の方は、このホームページで見るか、公民館などで見ていただくしかありません。

 今回は、7年生の立志式や新入学児童保護者説明会、豆まき集会、部活動再開などの記事を掲載しました。また、今回の「ことばのちから」では、「かっこいい」という言葉について考えてみました。ご家族で話題にしていただければ幸いです。

 『稲雲第21号』はこちらをクリック ⇒ とううん第21号.pdf

0

新年度(義務教育学校移行)に向けて

3学期の放課後、教職員は毎日のように会議を実施しています。

義務教育学校移行を踏まえ、新年度の授業や行事などの教育活動について検討する「教育課程編成会議」を実施しています。この日は中期ブロックの教職員が会議を行っていました。

次年度、より良い『義務教育学校 稲田学園』を目指して全員で真剣に話し合っています。

0

最後の読み聞かせ(9年生)

10日(水)、読み聞かせボランティアの佐藤美恵子さんに、9年生は最後の読み聞かせをしていただきました。

今回は、1か月後に卒業を迎える9年生へのメッセージとなる絵本を2冊選んで読んでいただきました。佐藤さんには、いつも中学生の心に響く絵本を選んでいただき、朝から目頭が熱くなることが何度もありました。

3年間、佐藤さんに読んでいただいたたくさんの絵本が生徒たちの心に残り、これから迷ったり悩んだりしたときの心の支えになることと思います。

本当にありがとうございました。

 

0

修学旅行に向けて(8年生)

8年生は、来年度9年生で実施予定の修学旅行について学習を進めています。

関西地方の京都府、大阪府、奈良県の文化、歴史、建築物、食べ物など様々なみどころについて、班ごとに楽しそうに調べながら壁新聞にまとめました。

コロナ禍のため、なかなか見通しがもてない中ですが、8年生は学習を通して関西地方への思いを膨らませています。

 

0

登下校に十分気をつけてください

10日(水)の朝、路面が凍結しており大変危険な状態でした。

登下校時、転倒や自動車のスリップ等、様々な事故による危険が考えられます。十分に気をつけて、安全な登下校ができるよう学校で指導しました。特に、7~9年生の自転車通学の生徒は、路面凍結時は通学方法を変更し、自転車に乗ることを控えることについてもあわせて指導しました。

ご家庭でも路面凍結時の安全な登下校についてお話ししていただきたいと思います。

  

0

県立高等学校入学者選抜前期選抜志願状況(一次)が発表されました

県立高等学校入学者選抜前期選抜及び連携型選抜志願が締め切られ、10日(水)から15日(月)まで1回限りの出願先変更の受付が行われます。志願先を変更する際は、学校までご連絡ください。

福島県教育委員会関連ページ(志願状況等)はこちらです。→https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/edu/r3koukounyushi.html

  

0

小学生も応援しています!

9年生に対する7、8年生の応援メッセージが昇降口前に掲示されていますが、それらを見た5、6年生が、「自分たちも9年生を応援したい!」「いつも優しくしてくれる9年生にがんばってほしい」といった声があがりました。

現在、5、6年生を中心に小学生からの激励のことば、応援のメッセージも昇降口前に掲示されています。

9学年の子どもたちが一緒に生活する稲田学園の良さがここにも現れています。

全校児童生徒、全教職員が9年生を応援しています!

 

 

0