あいさつの二中 歌声の二中 We love 二中!

須賀川二中の『今』をお伝えします!

お知らせ 令和3年4月1日(木) 県民の皆様への知事メッセージが届きました。

令和3年4月1日(木) 県民の皆様への知事メッセージ
 はじめに、医師や看護師、病院スタッフの皆様、そして、感染症対策に携わる保健所や臨床検査技師の方々など、県民の命と健康を守るために、昼夜を問わず最前線で懸命に御対応いただいている関係の皆様に重ねて御礼申し上げます。
 また、感染拡大の防止に向けて、様々な御協力を頂いている県民の皆様、事業者の皆様に心から感謝を申し上げます。
 全国的に感染の再拡大、いわゆるリバウンドが非常に懸念される状況となっています。首都圏や関西圏では新規感染者の増加傾向が見られるとともに、隣接県である宮城県や山形県では感染拡大が続くなど、全国の新規感染者数が再び2,000人を超える日が出ています。
 県内の感染状況については、3月の新規感染者数が559人となり、2月の累計感染者数の2倍を超えています。
 本県においては、クラスターがピークを越えたことから、病床利用率は昨日時点で46.9%となり、今週に入ってステージ4の目安である50%を切りました。一方、3月に感染が確認された市町村数は、2月の28市町村を上回る32市町村となり、県内全域に感染が広がっており、感染経路不明者の割合も増加傾向にあるなど、依然として、医療提供体制に大きな負荷が掛かる深刻な状況にあります。
 こうした中、飲食や会食等により、新たなクラスターが発生した場合、年末年始の時を超えるような爆発的な感染拡大につながるおそれがあります。
 これから、昨年の第一波のピークが訪れた時期に入ります。県民の皆様には、今後も気を緩めることなく、自分自身と大切な方のため、そして、県内の医療提供体制を守るため、お一人お一人が感染防止対策に取り組んでいただくよう、改めてお願いをいたします。
 こうした県内の感染状況を踏まえ、先週の本部員会議において、大型連休が終了する5月9日(日)までの間、クラスターの未然防止にポイントを絞った重点的な対策を継続することといたしました。県民の皆様、事業者の皆様には、引き続き、御不便・御苦労をお掛けしますが、御協力をお願いします。
 県民の皆様には、地域の感染状況や感染リスクが高まる「5つの場面」を十分意識して、慎重な行動をお願いします。
 また、緊急事態措置が解除された1都3県や、今後、まん延防止等重点措置の適用が見込まれる宮城県、大阪府、兵庫県、さらに感染者が多数確認されている山形県などの感染拡大地域との不要不急の往来は、控えていただくようお願いします。
 さらに、感染対策が徹底されていない接待を伴う飲食店や酒類を提供する飲食店等の利用、大人数での飲食を伴う歓迎会やお花見は控えていただくようお願いします。
 続いて、施設管理者、事業者の皆様へのお願いです。医療機関、高齢者施設・障がい者施設においては、チェックリスト等に基づく自主点検など、感染防止対策に見落としがないか、改めて確認をお願いします。
 大学・専門学校においては、感染防止対策が徹底できないサークル活動や、感染拡大地域への旅行、帰省など、感染リスクの高い活動を控えるよう、学生の皆様への注意喚起の徹底をお願いします。
 また、小学校・中学校・高等学校等においては、春休み期間中ではありますが、部活動などでの感染防止対策の再確認と徹底をお願いします。
 飲食店等におかれては、業種別のガイドライン等に基づく感染防止対策の徹底をお願いします。
 年度初めから大型連休にかけて、人の往来が多くなります。県民の皆様、事業者の皆様には、気を緩めることなく、引き続き、感染防止対策を徹底していただくよう、強くお願いをいたします。
 一方で、「ウィズコロナ」の状況が続く中、誰もが新型コロナウイルスに感染する可能性があり、県民の皆様には、医療従事者や感染症対策に携わる方々、感染された方やその御家族等に対する差別、誹謗中傷を絶対なさらないよう改めてお願いをいたします。

 皆様には、引き続き、御理解と御協力をお願いします。

0

NEW 着任のご挨拶

 本校校長として令和3年4月1日 着任いたしました。昨年度に引き続き、withコロナの中で、子どもたちを未知の感染症から守りながらも、より一層の教育活動の充実をクリエイティブに探る一年にしたいと思います。今年度も保護者の皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。
 本校は、昭和23年4月に開校し、創立73周年を迎える歴史と伝統ある学校です。須賀川市の中心部に位置し、第二小学校・阿武隈小学校・柏城小学校の3つの小学校区からなる県内でも有数の大規模校です。
 教育目標の具体目標である「社会の変化に主体的に対応し、知性と思いやりをもち、たくましく生きることのできる生徒」の育成に向けて、使命感と教育愛に燃える教職員が一丸となって教育活動に取り組んでいきます。
 また、本校には、長年継承されている「あいさつの二中、歌声の二中、We love 二中」のスローガンがあります。時節柄、はつらつとしたあいさつと歌声を響かせることは難しい状況ですが、明るく、前向きな気持ちで学校生活を送れるよう全校生徒一人ひとりを支援してまいります。
 このような大変な状況である今こそ、学校、家庭、地域のそれぞれが知恵を出し合って難局を乗り越え、子どもたちの生き抜く力を育てていけたらと願っております。
 今年度も「地域の未来を担う人材を育てる学校」として、「地域に愛され、地域で活躍できる生徒を育てる」ことを念頭に、さらに教育活動を充実させてまいりますので、ご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

                     須賀川市立第二中学校長 遠藤 彰

《 転入職員 》 本日、着任しました。前任者同様、何卒よろしくお願い申し上げます。

校 長  遠 藤   彰  須賀川市立西袋中学校より

教 諭  酒 井   薫  矢吹町立矢吹中学校より

教 諭  山 田 宜 彦  浅川町立浅川中学校より

教 諭  矢 吹 尚 之  平田村立ひらた清風中学校より

教 諭  邉 見 ほなみ  南会津町立舘岩中学校より 

教 諭  髙 山 正 康  白河市立東北中学校より

教 諭  小 林 篤 史     新採用(茨城県日立市立助川中学校より)

教 諭  高 橋 優 太     新採用

教 諭  佐 藤 千 昭     再任用(拠点校指導員) 

講 師  石 山 晃 司

講 師  星   由紀子

講 師  佐 藤 由 紀

講 師  武 田 裕 史

主 査  佐 藤 広 行  須賀川市立白方小学校より 

用務員  佐久間 美 好  再任用

支援員     加 藤 裕 子  須賀川市立第二小学校より

支援員     大 越 由美子  新採用

調理員  細 井 光 子  須賀川市立仁井田小学校より

調理員  佐 藤 由 美  須賀川市立第一中学校より

0

令和3年度離任式

 31日(水),本校体育館で離任式を行いました。転退職する教職員から生徒へ最後のあいさつがあり,どの生徒を別れを惜しむように真剣に聞いていました。また,代表生徒が別れのあいさつを今までの思い出を交えながら,発表しました。

新天地でのご活躍をお祈りします。

 

0

令和2年度末 教職員人事異動のお知らせ

《 退職・転出職員 》

 退職職員

校  長   薄 井 英 一   退 職

講  師   髙 原   希   退 職(須賀川市立柏城小学校)

講  師   佐 藤 有 美   退 職(福島市立福島第四小学校 新採用)

講  師   酒 井 亮 太   退 職(東京都足立区立加賀中学校 新採用)

用 務 員    佐久間 美 好   退 職(須賀川市立第二中学校 再任用)

支 援 員    佐 藤 由 紀   退 職
 
調 理 員    鈴 木   梓   退 職

英語指導助手  熊田ジャクリーン 退 職

 

転出職員

主幹教諭    吉 田   全   田村市立常葉中学校へ(教頭昇任)

教  諭    榊 原 純 子   福島県特別支援教育センターへ(教頭相当職)

教     諭   吉 田 和 枝    郡山市立大槻中学校へ

教  諭   白 岩 弘 之    郡山市立郡山第六中学校へ

教  諭   西 山   淑    白河市立五箇中学校へ

教  諭   佐 藤   潤    須賀川市立西袋中学校へ

教  諭   関 根   巧    西郷村立西郷第二中学校へ

教  諭   半 澤 庄 多    南会津町立舘岩中学校へ

教  諭   新 井 雄 輔    南相馬市立原町第一中学校へ

教  諭   野 地 由 佳    国見町立県北中学校へ

主  査    大    野   恵美子   鏡石町立鏡石中学校へ

調 理 員     太 田 佳 世   須賀川市立第二小学校へ


《 転入職員 》
校  長    遠 藤   彰    須賀川市立西袋中学校より

教  諭    酒 井   薫    矢吹町立矢吹中学校より

教  諭    山 田 宜 彦    浅川町立浅川中学校より

教   諭      矢 吹 尚 之 平田村立ひらた清風中学校より

教   諭      邉 見 ほなみ    南会津町立舘岩中学校より 

教  諭       髙 山 正 康    白河市立東北中学校より

教  諭    小 林 篤 史    新採用(茨城県日立市立助川中学校より)

教  諭    高 橋 優 太    新採用

教  諭    佐 藤 千 昭    再任用(拠点校指導員) 

講  師    石 山 晃 司

講  師    星   由紀子

講  師    佐 藤 由 紀

講  師    武 田 裕 史

主  査    佐 藤 広 行    須賀川市立白方小学校より 

用 務 員     佐久間 美 好     再任用

支 援 員     加 藤 裕 子    須賀川市立第二小学校より

支 援 員     大 越 由美子    新採用

調 理 員     細 井 光 子   須賀川市立仁井田小学校より

調 理 員     佐 藤 由 美   須賀川市立第一中学校より

0

修了式

 23日(火)1,2年生が修了式を行いました。修了式では代表生徒が校長から修了証書を授与されました。

その後校長から以下のような話がありました。

 「社会に出たときに、何で評価されるか。成績、学歴、そうではなく「だれでもできることを継続できるか」です。他人を幸せにできる『そわか』があります。『そうじ・笑い・感謝』です。これらを継続することは大人でも難しいです。どうか自分、周りの幸せのために自分磨きに励んでください。」

 

 次に、代表生徒が3学期の反省を行いました。代表生徒はしっかりと発表を行いました。

 

式後、愛好作業を行いました。1年間ともにした仲間と思い出の教室の清掃を行いました。

 今年度は、新型コロナウィルス感染症対策のため、行事や部活動の中止や縮小が多くありました。

 

 ですが、須賀川二中から感染者を出さずにこうして卒業式、修了式を迎えることができることをうれしく思うとともに、ご家庭のご協力に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

来年度は、コロナウィルス感染症対策が収束し、行事など生徒達が活躍できる場面が増えることを祈ります。

0

祝!卒業式

 12日本校体育館にて、「第73回 卒業証書授与式」が行われました。新型コロナウィルス感染症対策のため、3年生、職員、保護者のみの参加となりました。

 卒業証書授与では,担任の呼名にしっかり返事を行い、校長からを証書を授与されました。

 

 校長式辞の後、代表生徒が卒業の辞を述べました。親や級友への感謝の気持ちがこもった文章でした。

 最後に卒業生全員で「友~旅立ちの時~」を合唱し会場全体を感動的な歌声で包みました。

 今年の卒業生は、257名でした。卒業生一人一人のご活躍を祈願しています。

 

 

0

いよいよ卒業式

 明日は,学校の最大の行事「第73回卒業証書授与式」が行われます。

本日,午後から1・2生による会場作成や環境整備が行われました。

3年生のために,一生懸命準備を行いました。明日の式には,1・2年生は参加できませんが,

3年生への感謝の思いを式場作成や環境整備をとおして伝えました。

 

 ~式場作成の様子~

  ~教師の飾り付け~

0

3年生学級分散会

 11日、同窓会入会式後、3年生は各クラスで分散会を行いました。級友との思い出作りにゲームをしたり、合唱曲を歌ったり、先生に感謝を伝えたりと各クラス思いがこもっていました。最後の給食もおいしくいただきました。その後,今日の日を惜しみながら下校しました。

 

0

3年生同窓会入会式

 11日体育館で3年生が同窓会入会式を行いました。この会には同窓会長にお越しいただきました。

3年生は会長から同窓会入会の歓迎のご挨拶と記念品をいただきました。

そして、代表生徒が同窓会に入会する思いと卒業し大人になるという誓いの言葉を話しました。

明日は卒業式。同窓会長のご挨拶から、過去の先輩方の築いてきた伝統と、卒業する責任を大きく感じました。

0

あれから10年

 2021年3月11日。東日本大震災から10年がたちました。須賀川二中では朝の時間に全員で被災者の皆様へ黙祷を行いました。

 

 その後、校長から東日本大震災に関する講話がありました。

 生徒は当時、小学校入学する前でした。これからの福島をしっかりと受け継いでいってほしいと思います。

 

 

0